「在職中・退職後の転職活動」 一覧

 

「転職したいけど、何からすればいいのかわからない」

「今の会社を辞めたい…どこに気を付ければいい?」

「すでに退職したけれど、再就職ってどういう流れで行うの?」

 

「転職の進め方がわからない」方に向け、退職から転職活動の流れを解説してもらいました。

 

転職活動の流れ

編集部
転職活動ってどのくらいの期間かかるのでしょうか?

コンサル
転職活動にかかる期間は概ね3~6ヶ月です。

 

転職活動の流れ

  1. 事前準備・心構え
  2. 職業選択
  3. 情報収集・求人探し
  4. 履歴書・職務経歴書作成
  5. 応募・書類選考
  6. 面接
  7. 選考・内定
  8. 退職手続き・引き継ぎ
  9. 入社

 

『情報収集・書類作成』で1~2週間。

『選考』で1~2ヶ月。

『内定から入社』までに1~2ヶ月程度かかると考えましょう。

 

「想定した転職期間」と「実際の転職期間」を比べて
転職活動の平均期間は3ヶ月|長期化する理由と短期で終わらせるコツ

「転職したいけれど、期間ってどれくらいかかるものなんだろう…」 「転職が長引いていて、どうしたいかわからなくなってきた」 「慎重に決めたいけど早く転職したい。短期間でどうにかできないか」 編集部受ける ...

続きを見る

 

在職中の場合は、「いつ頃入社したいか」を考え、そこから逆算して退職日を設定します。

その際、「会社規定(就業規則)」で退職願の提出期限等は必ず確認してくださいね。

 

個人の都合を考えればボーナスをもらってからの退職がベストです。

ですが会社への影響が少なくなるよう繁忙期を避けるの配慮も、社会人としては考えるべき。

ここは上司とよく話し合いましょう。

 

就活1 就活の心構え。事前準備

 

就活2 職業選択方法

編集部
新しい仕事はどのように決めればよいでしょうか?

コンサル
基本は今まで経験した職種・業種から選びましょう。

 

もし別の業界で働きたい方は、一から勉強し直す覚悟を。

そして給料は下がることを覚悟してください。

 

 

就活3 情報収集と求人の探し方

編集部
求人はどこで探せばよいでしょうか?

コンサル
転職サイト・転職エージェント・ハローワークです

 

その他に、地方自治体等の就職支援窓口などにも求人情報があります。

はじめは幅広く求人情報を集めましょう。

 

採用方法も多様化しています。

「応募を待つ」転職エージェントや求人広告だけでなく、「企業が自社に合う人材に直接アプローチする」ダイレクトソーシングも増えてきました。

自分で探すだけでなく、企業からも見つけてもらえる時代です。

 


転職エージェントの流れ
転職エージェントとは|使い方と利用法を解説

転職活動をする際には、(1)ハローワーク(2)企業HPなどから直接応募(3)縁故(4)(エージェント以外も含め)人材会社を経由の4つが主な手段となります。 大都市の首都圏や、大阪、名古屋は(1)~(3 ...

続きを見る

 

 

就活4 履歴書・職務経歴書・志望動機の作成

コンサル
気になる求人を見つけたら、履歴書・職務経歴書など応募書類を作成します。

ここで大切なことは、採用担当に「会いたい」と思わせる書類を作ること。

 

そのためにも企業研究は必ずしておきましょう。

「企業理念」

「企業の方針」

「採用条件」

などをWEBサイトで確認し、その企業に向けて書類を作成します。

 

ですから履歴書・職務経歴書に使いまわしはNGです。

どの企業にもあうような内容を書いてしまうと、志望動機が弱いので面接官の心に刺さりません。

絶対に1社1社丁寧に書きましょう。

それと誤字脱字には注意しましょう。それだけで印象が悪くなります。

 

 

就活5 応募・書類選考

コンサル
書類が完成したら企業へ応募します。

最初の関門、「書類選考」。応募書類のみで合否を判断されます。

上記で述べた通り、採用担当に「会いたい」と思わせることができれば通過するでしょう。

 

また合否をただ待っているのは時間の無駄です。

応募したら別の会社を探してみたり、他の企業にも応募しましょう。

 

就活6 面接

コンサル
書類選考が通過したら面接です。

企業にもよりますが、1~3回の個人面接が多いです。

身だしなみなど第一印象に気を付け、想定される質問に対しきちんと回答ができるよう万全の準備をしましょう!

 

 

就活7 選考・内定

コンサル
無事内定が決まったら、内定通知書を受け取ります。

入社日や雇用形態など間違いがないか、きちんと見ていきます。気になる部分があれば確認しましょう。

内定の回答期限は企業によりますが、3日~1週間程度が通例です。

応募している企業の選考スピードがすべて揃うとは限りません。

内定が出た場合、他社をどうするか等考えておきましょう。

 

就活8 退職準備・引き継ぎ

コンサル
内定を受諾し、入社日が決まったら退職交渉に入りましょう。退職日など希望をまとめて直属の上司に伝えます。

その後、会社規定(就業規則)に従って退職願を提出します。

 

転職が決まったら、引継ぎの準備を始めましょう。引継ぎファイルなどの作成はもっと早くてもよいくらいです。できるだけ会社に迷惑がかからないよう、きちんと後任に伝えておきましょう。

退職願の提出、引継ぎを終え、退職日が近づいたら関係部署やお世話になった人への挨拶をしましょう。

 

また、健康保険証や社員証など会社へ返却するものがあれば忘れずに返します。逆に年金手帳など会社から受け取るものもあるので、注意してくださいね。

 

就活9 入社

コンサル
入社について、公的な手続きは次の会社が大体行ってくれます。

提出する必要があるものを確認しまとめておきましょう。

 

転職活動をする際に一番大切なことは、「絶対に転職する」という覚悟を持つことです。

なぜ転職をしたいのか?転職をして叶えたいことは何か?それは現職では本当に叶わないのか?

必ず見つめ直してください。

 

軸がブレブレだと転職活動はうまくいきません。迷いや嘘は企業に伝わります。転職して叶えたいことが明確になって、初めて転職活動を進めることができるのです。

 

退職の意思を伝えた後に、引きとめなどで退職を迷う瞬間があるかもしれません。しかし一番大切なことは「絶対に転職する」という覚悟を持つことです。

なぜ転職をしようと思ったのか?転職で叶えたいことは何なのか?

原点に返れば、あなたが今どうすべきかわかるはずです。意思を貫きましょう。

あなたがよい職業人生を送れますように。応援しています。

 

© 2020 その時採用|既卒・転職者の就活サイト