無職・職歴なし・ニートの就職

職歴なし・フリーター(アルバイト)の職務経歴書の書き方

更新日:

アルバイト 職務経歴書 書き方

企業での面接や求人サイトでのWEB応募の際、必ず履歴書と職務経歴書の提出が求められます。

既卒(フリーター・ニート・職歴なし)の方は「職歴なんて無い!」と、特に職務経歴書の提出に困惑させられる方が多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、「職歴なしは職務経歴書を提出すべきなのか」を皮切りに、「職歴なしの職務経歴書の書き方」「アルバイト経験がない方の職務経歴書の書き方」「職歴なしのWEB経歴書の書き方」についてお話しさせていただきます。

また最後には職務経歴書のサンプル・例文もご覧いただきますので、お役立ていただければ幸いです。

フリーター、ニート、無職など職歴なしにも職務経歴書は必要?

まず職歴なしの職務経歴書提出の必要性についてですが、結論から言いますとどちらでも構いません。

面接が確約された時点で、職務経歴書を持参するよう企業から連絡を受けるかと思いますが、職歴がない場合書くことがありませんので職歴なしと言えば問題ありません

 

ただし、これでは面接官にあなたの熱意は伝わりません。

なにも面接官は職務経歴書を読んで、あなたがどんな人生を歩んできたかを知りたい訳ではないのです。

あなたが自社に必要な人物であるか、あなたがどんなパフォーマンスをしてくれるのかに興味があるのです。

 

ですから例え職歴がなくとも、あなたがどのような働きができるのかに重点を置きアピールすることが大切なのです。職務経歴書=企業へのアピール書類と考えて下さい。

男性社員
職務経歴書は自己アピールに使用しましょう

職務経歴書にアルバイト経験を記載してもよい?

職務経歴書=アピール書類をチャンスに繋げる

では職務経歴書をどのようにしてアピール書類に変えていけばよいのでしょうか。

 

フォーマットはありませんが、職歴なしのアピール方法として最も有効なのがアルバイト経験です。

正社員としての職歴がなくとも、アルバイト経験は社会との繋がりを表すものであり、あなたの財産です。その財産を利用しない手はありません。

職務経歴書にはまずアルバイト経歴を記しましょう。

 

しかし、以前「既卒の履歴書の書き方」でも解説した通り、履歴書・職務経歴書の内容は応募する企業によって臨機応変に変更しなければなりません。

 

 

外食産業の面接に行くのに、WEB関係のアルバイト経験を強くアピールしたり販売の業務成績をアピールしてもあまり意味はありません。

勿論なにもないよりはマシですが、基本は応募企業に関係のある業務を書きます。応募企業に関係のあるアルバイト経験を書くようにしましょう。

 

「応募先業務と関係のあるアルバイト経験なんて無い」と思われるかもしれませんが、少しでも関連性のある業務であればアピールすることは出来るのです。

例えばあなたに販売のアルバイト経験があったとしましょう。

例の外食産業の場合、厨房で行う調理面においては未経験かもしれません、ただホールやレジなど接客面に置いては適した人材と判断される可能性もあるのです。どちらも接客業に違いはありません。

突き詰めれば、もしWEB関係のアルバイト経験しかなくても、応募する飲食店が個人経営の店なら、ホームページを作ったりネットを使って新たな集客が出来るという面に置いて、適した人材と判断される可能性もあるのです。

 

ここまでいくと繋がりは薄いですし、あくまで可能性の話ですが、今まであなたが経験したアルバイト・派遣等と、応募する企業を出来るだけ濃い共通点で結びつけて書く事が大切なのです。

注意ポイント

アルバイトと分かるように書く

共通点を見つけたら、勤めた期間を記し業務内容をしっかり書いておきましょう。

その際「アルバイト」「派遣」とはっきりと書きます。WEB応募や書類郵送の場合、たまに正社員として働いていたと勘違いされ面接に呼ばれるケースがあるのでそれを防ぐ為です。

面接で事実を伝えると大抵が不穏な空気となり、呼び損呼ばれ損になってしまいます。しっかり書いているのに勘違いされる事もあるので、はっきり伝えることが大切です。

アルバイトに共通点がない、又はアルバイト経験がない場合

仮に共通したバイト経験が一切なくても簡単に記しておきましょう

バイト経歴が短期のものなら「すぐに辞める」人材と判断され、マイナスに繋がる可能性もありますが、そこそこ長い期間であれば何も書かないより働く意思を評価される筈です。

こればかりは面接官や企業によってタイプが様々ですので、絶対ではありません。ただ評価される方が圧倒的に多いです。

 

では、アルバイト経験が全くない方はどのように職務経歴書を書いていけばよいのでしょうか。

最初にお話しした通りアルバイト経歴を省いたアピール書類を提出しましょう。アピール書類は以下のように書きます。

職務経歴書と自己PRと空白期間の説明

アルバイト経歴が書けたら、もしくはアルバイト経験がない方は、次に自己PRや志望動機を書いていきましょう。ここで他の職歴なし、もしくは転職者との違いをアピールしていきます。

 

一般的に職務経歴書とは職務を記し、行ってきた業務を書くもの。ただ履歴書ほど枠にはまった形式はありません。職歴なしはキャリア面に置いては絶対不利であり、今さらどうすることもできません。

しかし熱意や情熱はあなたの今の気持ち次第であり、キャリアが豊富な方をも上回ることが出来るのです。

業務に関係のある趣味や特技があればそれを書くのも良いでしょう。大学のゼミやサークル活動。高校のクラブ活動。ボランティア経験。どんなことでも構いません。

 

求人の募集要項や企業のHPを見れば、会社理念や求める人材など書いています

それらをよく読みこみ、どういった人材を求めているのかどのようなスキルを欲しがっているのか判断して書きましょう。企業の業務と少しでも関連性を絡めて書いていくことで好印象に繋げます。

空白期間の説明・言い訳は必要なし

空白期間の説明は無理に書く必要はありません。

しかし面接時には必ず聞かれる内容ですので、どういった理由で今まで職についていなかったのかを書面で前もって説明できれば企業も安心します。

その際「私は働いていませんでした。〇〇の理由があったからです」と直接的に説明しては反省文のようになってしまうので、「私は大学卒業後、親の介護を〇年間していました」と、あくまで何をしていたかに着目し、結果的に仕事をしていなかったと伝える方が良いでしょう。

短期の職歴、伝えたくない経歴も書く必要はある?

短期職歴や伝えたくない経歴は相手にマイナスの印象を与えるので、書くのを嫌がる方が多いです。

前会社で保険加入などしていなければ基本的にバレませんが、転職コンサルタントや職業安定所などでは書くことを勧める方が多いです。しかし一般的には書かない方も多く、なんの問題もなかったケースもあります。状況を見極めて判断しましょう。

勿論嘘を書くことは絶対に駄目です。

職務経歴書の書き方 文章構成とサンプル

ではここからは、職務経歴書の文章構成を見ていきましょう。

職務経歴書は以下のような構成で記入します。

 

職務経歴書サンプル

 

成果や実績がなければ、アルバイト先で学んだことや、評価されたことなどを記入しましょう。

 

また履歴書に自己PRや志望動機を書いていない方は、以下のような文章構成で職務経歴書の中に自己PRを盛り込みましょう。

職務経歴書の書き方

1、経歴要約

2、職務経歴

・平成24年4月~26年3月
スーパー〇〇(アルバイト)

(職務内容)
品だし。接客。発注

・平成26年4月~30年7月
アパレルショップ〇〇(アルバイト)

(職務内容)
販売。買いつけ。WEBサイト管理

3、志望動機

4、自己PR

リクナビネクストのような転職サイトでは質問に答えるだけで「アピールできるあなたの強み」を教えてくれるWEBサービスもあります。

無料登録で利用できるので、自己分析が苦手な方は一度診断してみるとよいでしょう。

既卒・フリーター向け転職エージェント

ここまで見ていただいた内容を元に書いていけば、少なくとも職務経歴書の書き方が原因で不採用になることはないでしょう。

 

履歴書や職務経歴書が足を引っ張り、見送りになっている方はとても多いです。

職歴なしの方やフリーターの方が書類選考が通らないのは、誤字脱字、文章構成のミス、間違ったアピールなど基本的な書き方が出来ていないことが大半です。

採用担当者は1字の誤字も引っかかりますし、無理矢理作ったような志望動機や言い訳にも違和感を覚えるものなのです。

上記を参考にし、履歴書や職務経歴書をプラスに変えるよう思索されて下さい。

 

もし自分一人ではとても考えることができないという方は転職エージェントにお願いするのもよいでしょう。

転職エージェントなら履歴書・職務経歴書の書き方、面接のアドバイス、そして企業への推薦・交渉を全て無料で行ってくれます。なかなか書類選考が通らない方は一度活用してみて下さい。

関連記事
握手
転職エージェントとは?既卒向けのエージェント

よりよい企業へ転職する為に、転職エージェントを利用することは一般的となりましたが、現在フリーターの方は(職歴なし・無職含む)、転職エージェントを利用してよいものか悩むと思います。 フリーターも有効活用 ...

続きを見る

 

以下は職歴なしを対象とした転職エージェントです。

 

就職Shop
(20代の関東圏・関西圏の方に1番おすすめ)

就職Shopはリクナビやリクルートエージェントなどを運営するリクルートキャリアが始めた、既卒・フリーター向けの転職エージェントです。

登録者の80%近くが社会人未経験であり、職歴がなくても利用できるのがポイント。

特筆すべきは、就職Shopからであれば、書類選考一切なしで面接からスタートできる点です。

フリーターやニートの場合、履歴書や職務経歴書の書き方や空白を理由に、面接前に断られることがほとんどですが、就職Shopならその心配が一切ないので、採用チャンスが格段にあがります。

また未経験の場合、他の就職媒体では営業職や飲食関係に絞られることが多い中、就職SHOPなら事務や企画、技術系、販売、クリエイティブなど幅広い職種を多数揃えており、様々な希望にマッチングできるようになっています。

営業担当者が実際に訪問した企業しか紹介していないのでブラック企業や悪質な企業を避けたい方にもおすすめです。

デメリットは店舗が関東圏・関西圏に集中している為、その他の地域の方は利用しにくいのと、30代以上の方には紹介案件がない点です。

現在は18歳〜30歳までの、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫の店舗に行ける方が利用可能。

面接対策や企業との交渉も行ってくれるので、就活が上手く進まない方や、就活を始めたばかりでどうしていいか分からない方など、1人での転職活動が不安な方は利用してみましょう。

DYM就職
(北海道・中部・九州の方、30代の方におすすめ)

DYM就職は株式会社DYMが運営する、既卒・未経験・第二新卒の就職支援に特化した転職エージェントです。

面接対策や企業との交渉、お仕事探しをマンツーマンで行なってくれるのは他の転職エージェントと変わりませんが、特筆すべき点はDYM就職から求人応募した場合、書類選考なしで、企業との面接が受けられる点です。

書類選考免除は就職Shopと同じですが、DYM就職なら札幌・東京・大阪・名古屋・福岡の5都市で利用可能な為、就職Shopでは対応していない北海道・中部・九州地方の方も気軽に利用可能です。

また既卒向けの転職エージェントは20代までしか対応してないことがほとんどですが、DYMなら35歳まで紹介案件があるので30代の方でも利用可能です。

デメリットは、会社自体の歴史がまだ浅い為、就職Shopに比べるとそれ程求人数が多くない点でしょう。

ただしIT業界や不動産業界には強く、営業職・エンジニア職・販売職なら他の転職エージェントにも負けていないので、これらの職種に興味がある方は利用するとよいでしょう。

就職成功率も97%という驚愕の数字を誇っています。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.