無職・職歴なし・ニートの就職 転職エージェント

転職エージェントをフリーターは利用すべきか?最終結論

更新日:

握手

よりよい企業へ転職する為に、転職エージェントを利用することは一般的となりましたが、現在フリーターの方は(職歴なし・無職含む)、転職エージェントを利用してよいものか悩むと思います。

フリーターも有効活用できるという意見もあれば、全く意味がないという意見まで飛び交っているので、求職者を戸惑わせている部分もあるでしょう。

では何故「役に立った人」「役に立たなかった人」がいるのでしょうか。

フリーターが転職エージェント使用するデメリット

フリーターが転職エージェントを利用して役に立たなかった例

そもそもフリーターは利用出来ないと思っている方も多いですが、転職エージェントは私達の経歴に関わらず企業との仲介役をしてくれるものですので、どのような経歴でも利用出来ます

ですが、職歴なしの場合どの転職エージェント会社を利用するかは考えなければなりません。利用するなら自分の経歴や状況に応じた会社を選択することが大事です。

例えばリクルートエージェントやDODA等の大手の総合的な人材紹介会社は「正社員経験している者」をメイン顧客にしているので、職歴がない者にはあまり良い求人を紹介しません。

もし登録し連絡を待っていても「紹介出来る求人がない」とメールが送られてくるか、誰が見てもブラックな企業をお勧めされることになります。

男性社員
大手エージェントの求人は正社員経験者がメインなんですね!

紹介できる求人がない理由

なぜ職歴なしには紹介案件がないか。それには理由があります。

企業側は転職エージェントを通して採用した場合、転職エージェントにお金を支払うことになっています。つまり余計なお金を支払ってでも自社に来てもらいたい人材じゃない限り、転職エージェントを通して雇用するメリットがありません。

そうなると転職エージェントも採用してもらわないと困るので、企業に紹介する人材を経歴や資格のスキルが高い人物優先になります。結果、経歴が輝かしくない人材やスキルが無いフリーターは後回しになるのです。

つまり大手の転職エージェントはフリーターや職歴なしの方が利用しても、スタート地点から不利になる仕組みなのです。

ですから、職歴なしやフリーターの方はリクナビネクストへ登録した方が、よい求人をたくさん見つけることができますし、企業もそれ程コストをかけずにすむので採用されやすくなります。

実際に大手転職エージェントに登録したことがある方ならご存知かと思いますが、これらが今まで飛び交っていた「フリーターにとって転職エージェントは全く役に立たない」という意見です。

フリーターが転職エージェントを使用するメリット

ではフリーターにとってデメリットばかりで、本当に役に立たないのかというとそうではありません。フリーターならフリーターをメインとしているエージェントを利用することで、内定の可能性が格段に上がります。

フリーターをメイン顧客にしているエージェントなら、他の登録者も立場が近いので(3人に2人が正社員未経験など)、求人案件の紹介が回ってきやすくなります。

また人柄重視の採用を行う企業が集まっており、企業側もエージェントが紹介してくれる求職者はある程度信用して採用審査するので、時間コストを大幅に減らすことができます。

その為大手エージェントの紹介に比べて内定の可能性が高まるのです。

何より、自分1人では見つけることの出来なかった非公開の求人を効率良く収集できますし、面接の日程設定から面接の受け方やコツ履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイスまで受けられるので、就活基礎体力をつける意味でもとても役に立ちます。

1人で全て出来る方には確かに意味ありませんが、なかなか就職が決まらない方やどのように就活をしていいか分からない方にとっては、ステップアップできる大きなメリットとなるのです。

転職エージェントの基本的な流れ

転職エージェントは以下のような流れで就職活動を進めます。

転職エージェント利用の流れ

  • WEBから「無料登録」もしくは「面談予約」をします(1分程度)
  • WEBから面談日・希望地の設定をします。遠方の場合電話も可(1分程度)
  • 面談用の履歴書を作成します
  • 面談日です。こちらの希望条件や希望職種を全て伝えましょう。(決まってなくても構いません)
  • 条件を元にキャリアアドバイザーが企業を紹介してくれます
  • 受けてみたいと思ったら「履歴書や職務経歴書の書き方」「面接対策」などアドバイスを貰います
  • 企業との面接です
  • 面接結果の通知がエージェントからお知らせされます
  • 希望すれば給料や待遇など労働条件の交渉をアドバイザーが代わりに行ってくれます

フリーターは転職エージェントを利用するべきか?結論

フリーターにとって転職エージェントはメリットもデメリットもあります。

先程挙げたメリットに目を向けても、希望する条件が狭すぎると紹介する案件がなく希望とズレてしまう場合もあります。

ただそれでも、フリーター紹介を得意とした良いエージェントを選べば親身に相談に乗ってもらえますし、好求人の見逃しもなくなるので、利用価値は高いでしょう。

勿論気に入らない求人であれば断ることもできるので、相談に行く手間さえ惜しまなければデメリットは一切ありません。

フリーターという、就職市場では不利な経歴の方にとって書類対策と面接対策は絶対に必要です

職歴がない方や空白期間が長い方は、書類選考で不採用になることが多いですが、採用担当者はたった1文字の誤字脱字にも引っかかっていますし、取ってつけたような志望動機や空白期間の言い訳も見透かしているからです。

プロに書き方を見てもらい面接の対策をしてもらうことで選考通過率が格段にアップします。

なかなか就職が決まらず一向に先に進まない方や、就活の基礎体力・基本を身に着けたい方、もしくはどう動いてよいか分からない方は転職エージェントを一度利用してみましょう。自分では気付かなかった事を教えてくれる筈です。

フリーター向けの転職エージェント

就職Shop
(30歳までの関東圏・関西圏の方)

就職Shopは最大手のリクルートキャリアが始めたフリーター向けの転職エージェントで、プロのアドバイザーがマンツーマンで就活の手助けをしてくれる転職支援サービスです。

登録者の80%が社会人未経験者であり、職歴がなくても利用できるのがポイント。

特筆すべきは、就職Shopからであれば、書類選考一切なしで面接からスタートできる点です。

フリーターやニートの場合、履歴書や職務経歴書の空白を理由に、面接前に断られることがほとんどですが、就職Shopならその心配が一切ないので、採用チャンスが格段にあがります。

また未経験の場合、他の就職媒体では営業職や飲食関係に絞られることが多い中、就職SHOPなら事務や企画、IT、技術系、販売、クリエイティブなど幅広い職種を多数揃えており、様々な希望にマッチングできるようになっています。

営業担当者が実際に訪問した企業しか紹介していないのでブラック企業や悪質な企業を避けたい方にもおすすめです。

デメリットは店舗が関東圏・関西圏に集中している為、その他の地域の方は利用しにくいのと、30代以上の方には紹介案件がない点です。

就職Shopは現在18歳〜30歳までの、「東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫」の方が利用可能。

面接対策や企業との交渉も行ってくれるので、就活が上手く進まない方や、就活を始めたばかりでどうしていいか分からない方など、1人での転職活動が不安な方は利用してみましょう。

DYM就職
(北海道・中部・九州の方、30代の方におすすめ)

DYM就職は株式会社DYMが運営する、既卒・未経験・第二新卒の就職支援に特化した転職エージェントです。

面接対策や企業との交渉、お仕事探しをマンツーマンで行なってくれるのは他の転職エージェントと変わりませんが、特筆すべき点はDYM就職から求人応募した場合、書類選考なしで、企業との面接が受けられる点です。

書類選考免除は就職Shopと同じですが、DYM就職なら札幌・東京・大阪・名古屋・福岡の5都市で利用可能な為、就職Shopでは対応していない北海道・中部・九州地方の方も気軽に利用可能です。

また既卒向けの転職エージェントは20代までしか対応してないことがほとんどですが、DYMなら35歳まで紹介案件があるので30代の方でも利用可能です。

デメリットは、会社自体の歴史がまだ浅い為、就職Shopに比べるとそれ程求人数が多くない点でしょう。

ただしIT業界や不動産業界には強く、営業職・エンジニア職・販売職なら他の転職エージェントにも負けていないので、これらの職種に興味がある方は利用するとよいでしょう。

就職成功率も97%という驚愕の数字を誇っています。

初めて転職エージェントを利用する方や、希望職を探したい方は就職Shopを、地方に住んでおられる方や30代の方はDYM就職を選ぶと良いでしょう。

フリーター向けの転職サイト

もし1人で就職活動を進めていきたい方は、誤ってブラックな企業に入社しない為にも、たくさんの転職サイトとハローワークを利用して良質な求人を見つけるようにして下さい。

特にリクナビネクストは良質な求人が多いので、転職エージェントを利用する方も必ず目は通しておきましょう。

リクナビネクスト
(20代〜40代登録必須)

リクナビNEXTはリクルートが運営する求人情報サイト最大手の一つ。求人数・利用者数ともに圧倒的数字を誇り、優良企業や大企業案件が多数あります。

求人の85%はリクナビにしか載ってない案件なので、就職活動をするならまず始めに利用するべきサイトと言えるでしょう。

メールアドレスを入力し、プロフィールを登録しておくことで、一般募集していない企業からのオファーメールが届くので、競争率の低い企業や優良企業と出会える可能性も高くなります。

また登録後に利用出来る「グッドポイント診断」も良質なサービスの一つです。面接や履歴書で必要となる「貴方の強みは何か」を客観的に教えてくれるので、書類選考でいつも落ちてしまう方は是非利用して下さい

WEB上で出来るのでおすすめです。

リクナビネクストのメインターゲットは転職者ですが、「未経験者歓迎」や「フリーターから正社員を目指す」に絞って検索すれば、既卒でも良質な求人を見つけることができます。

零細・中小企業は狙い目なので、登録したら良い求人を見逃さない為にも毎週チェックしておくとよいでしょう。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.