無職・職歴なし・ニートの就職 転職エージェント

転職エージェントをフリーターは利用すべきか?結論【おすすめ会社】

更新日:

「応募したい求人が見つからない」

「履歴書を送っても面接に行っても採用してもらえない」

「転職エージェントの利用を考えているけど、どの会社が良いのか分からない」

 

フリーターで就活をされている方は、上記のようなことで悩んでいませんか?

編集部
私も30歳職歴なしから就活をしました。

フリーターって応募できる求人は少ないし書類選考もほとんど通らないし、なかなか思うように就活が進まないですよね。

もし昔の私のように「応募したい求人がない」とか「応募しても落とされる」と悩んでいる方は『フリーター系転職エージェント』を利用してみましょう。

この記事は「転職エージェントの利用」や「フリーター就活の最適な方法」について、採用担当経験もあり、数々のフリーターを支援してきたコンサルタントに解説していただきました。
・転職エージェントのメリットとデメリット
・エージェント登録〜内定までの流れ
・利用時に注意すること
フリーター向けおすすめ転職エージェント
以上を解説します。

転職エージェントのメリット 無料で求人紹介〜内定までをサポート

転職エージェントのメリット

編集部
フリーター就活で困ったのが求人がほとんど無かったことです。たまに書類を送っても不採用。

最終的に転職エージェントを利用しましたが、やはりフリーターは転職エージェントを利用すべきなのでしょうか?

コンサル
求人がない」「採用されない」「自分に合った仕事を探したい」というフリーターの方が就活を成功させる為には必須です。これらの悩みは転職エージェントですぐに解決できます。

逆に「どんな仕事でもいい。特にこだわりはない」という方なら、他の媒体からでも十分就職可能です。2019年現在は人手不足の会社が多いんです。

転職エージェントでできること

  • カウンセリング(求職者の希望条件の聞き込み)
  • あなたに適した求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成、添削
  • 面接練習
  • 面接の日程調整
  • 企業へのアピール
  • 内定後の給与・待遇交渉
  • 入社後のフォロー

転職エージェントでは、これら全てのサービスを無料で受けることができます。

フリーターは書類選考で不採用になることがほとんどですが、しっかり書けていないことに原因があります。採用担当者はたった1文字の誤字脱字にも引っかかっていますし、取ってつけたような志望動機や空白期間の言い訳も見透かしているからです。

エージェントの作成・添削を受ければ80%〜100%の割合で書類選考を通過することができます。

 

なぜこれだけのサービスを無料で受けれるかというと、求職者の内定が決まると、転職エージェントは企業から『紹介手数料』を受け取っているからです。つまり求職者からお金を貰う必要がないのです。

転職エージェントの仕組み

もし求職者がすぐに会社を辞めてしまったら、報酬返金となるので、企業と求職者のマッチングも重視しています。

カウンセリングで希望条件の聞き込みに時間をかけ、本当にその人に合った仕事を選んでくれるのもポイントです。

転職エージェントのデメリット フリーターが利用しても役に立たない例

転職エージェントのデメリット

コンサル
ただし、職歴なしの場合「どの転職エージェント会社を利用するか」は考えなければなりません。

利用する会社によっては時間の無駄になる可能性が、かなり高いからです。

例えば『リクルートエージェント』や『DODA』等、大手人材紹介会社は「正社員経験者」をメイン顧客にしています。

その為、職歴がない者に対して良い求人は紹介しません。というよりも、紹介できません。

登録しても「紹介案件がない」とメールが送られてくるか、最悪ずっと放ったらかしにされます。

職歴なしに紹介できる求人がない理由

前述の通り、企業側は転職エージェントを通して採用した場合、転職エージェントにお金を支払うことになっています。

つまり「お金を払ってでも自社に来てもらいたい人材」じゃない限り、転職エージェントを通して雇用するメリットがありません。

 

これを転職エージェント側から見た場合

「採用されないと商売にならない」

⬇︎

「経歴や資格・スキルが高い人物を優先して紹介し採用してもらう」

となり、経歴やスキルが無いフリーターは後回しになります。

ほとんどの紹介案件は、正社員経験者や在職中の方に回る為、フリーターには紹介案件がなくなるのです。

フリーターはフリーター向け転職エージェントを利用する

コンサル
これを避ける為に、フリーターは『フリーター系転職エージェント』を利用しましょう

企業側も助かるフリーター系転職エージェント

『フリーター系転職エージェント』なら、提携している企業も職歴なしをマイナスに捉えていません

 

採用者は求職者のキャリアと同時にコストも考える必要があります。

経験者はスキルがあるので即戦力となるのは事実ですが、その分年収が上がるので、会社予算をオーバーしてしまう可能性が高いのです。

だったら未経験者でも「熱意がある人」や「一生懸命な人」を雇って、コストを抑えたいのが本音です。

編集部
『転職サイト』や『自社WEBサイト』を使って募集しないのですか?
コンサル
応募者全員と面接する時間を捻出するのが大変です。できるだけエージェントに厳選してもらいたいのです。

転職サイトからの応募者には「なぜうちの会社を希望したのか?」が分からないことも多いですし、本気度が感じられないことも多いです。

また未経験者ばかりなので合否を判断する基準もありません。結局全員と会っても良い人材が見つからないことが多々あります。

 

それならエージェントが厳選した紹介者のみに会って採用する方が、時間コストを大幅に減らすことができるので、企業側はフリーター系転職エージェントを重宝します。

【30歳まで】フリーター向けおすすめ転職エージェント

30歳までフリーター向け転職エージェント

コンサル
ではここからはフリーターに特化した転職エージェントを紹介します。住んでいる地域や年齢からお選び下さい

ポイント

転職エージェントの求人の9割は非公開であり、各会社独自で求人案件を抱えています。たくさんの求人の中から選ぶ為にも、2社以上の登録がおすすめです。

他の転職エージェントを利用することで、求人案件や担当者のレベルを比べる判断材料にもなります。

【30歳まで】関東圏・関西圏

『就職Shop』

公式サイト➡︎https://www.ss-shop.jp/

【30歳まで】北海道・中部・九州

『DYM就職』

公式サイト➡︎https://www.dshu.jp/

【30歳まで】東北・中国地方

『JAIC』

公式サイト➡︎https://www.jaic-college.jp/

【31歳〜35歳まで】北海道・関東・中部・関西・九州

『DYM就職』

公式サイト➡︎https://www.dshu.jp/

【31歳〜40代前半】東北・関東・中部・関西・九州

『ワークポート』

公式サイト➡︎https://www.workport.co.jp/lp_wp_mikeiken/

【関東圏・関西圏在住】向け

就職Shop

就職Shop

公式サイト➡︎https://www.ss-shop.jp/

就職Shopはプロのアドバイザーがマンツーマンで就活の手助けをしてくれるフリーター向け転職エージェント。転職最大手のリクルートキャリアが運営しています。

登録者の80%が社会人未経験者であり、提携企業は7000社以上あるので、職歴なしが全く不利になりません。

特筆すべきは、就職Shopからであれば「書類選考一切なし」「面接からスタート」できる点。

これは経歴で判断するのではなく、人柄や熱意を重視したい企業が多く集まっているからです。実際に面接で会って合否を判断したいので、履歴書の選考は必要ありません。

また他の就職媒体では、職歴がないと営業職や飲食関係に絞られることが多いですが、就職SHOPなら事務、企画、IT、技術系、販売、クリエイティブなど幅広い職種を多数揃えており、様々な希望にマッチングできるようになっています。

就職SHOPは現在18歳〜30歳までの、「東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫」の方が利用可能。

就職Shop

【北海道・中部・九州在住】向け

DYM就職

DYM就職

公式サイト➡︎https://www.dshu.jp/

DYM就職は株式会社DYMが運営する、既卒・未経験・第二新卒の就職支援に特化した転職エージェントです。

DYM就職も就職Shopと同様、「書類選考なし」で企業との面接が受けられます。

また「札幌」「東京」「大阪」「名古屋」「福岡」の5都市で利用可能な為、就職Shopでは対応していない「北海道」「中部」「九州」地方の方も利用可能です。

会社自体の歴史がまだ浅い為、就職Shopに比べるとそれ程求人数は多くありません。

ただIT業界や不動産業界には強く、営業職・エンジニア職・販売職なら既卒向けの転職エージェントではトップクラスです。これらの職種に興味がある方や、地方在住の方は利用するとよいでしょう。

就職成功率も97%という驚愕の数字を誇っています。

DYM就職

【東北・中国地方在住】向け

jaicのWEBサイト

JAIC

公式サイト➡︎https://www.jaic-college.jp/

ジェイックは、厚生労働省が職業紹介優良事業として認定している就職支援サービス。他の既卒系転職エージェントの対象地域にはない、東北や中国地方の方も利用可能(29歳まで)です。

JAICが他の会社と違う点は、最初に説明会に参加すること。そこで既卒が就活に成功する為の秘訣や就活の流れなどを聞きます。

その後、JAICのサービスを受けたいと思ったら、個別就職相談に申し込み、研修へ進んでいくという流れです。

この研修は、営業の新人のような形で社会人としてのスキルやマナーを2週間かけて教わっていきます。

今までアルバイトもしたことがない方にとっては少々しんどいかもしれません。

但しこれを乗り越えれば、社会人として働き始める力をマスターできるので大きく成長できますし、その後企業の紹介をたくさん受けれます。入社後の定着率が94%となっているのは、JAICの研修を受けた者が社会人としてのスキルを持っている為です。

説明会は途中退室も可能であり、まだ職種も決まっていない既卒の方も多く参加されているので、これから就活を始める方や就活に悩んでいる方は利用するとよいでしょう。

JAIC

おすすめ

1つだけを選ぶなら、初めて転職エージェントを利用する方や、希望職を探したい方は就職Shopを、地方に住んでおられる方はDYM就職を選ぶと良いでしょう。

【31歳以上】フリーター向けおすすめ転職エージェント

31歳以上フリーター向け転職エージェント

【35歳まで】【北海道・関東・中部・関西・九州在住】向け

DYM就職

DYM就職

公式サイト➡︎https://www.dshu.jp/

フリーター向け転職エージェントの案件は20代向けがほとんどで、30代以上に紹介できる案件はあまりありません。

その中でも35歳まで対応しているのが、20代の項目でも紹介したDYM就職です。

30歳を超えた未経験の登録者も多く活躍しています。

DYM就職

【40代前半まで】【東北・関東・中部・関西・九州在住】向け

ワークポート

ワークポート

公式サイト➡︎https://www.workport.co.jp/lp_wp_mikeiken/

ワークポートは株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。15年の歴史がある老舗です。

求人数がとにかく多いので、次々に企業を紹介をしてもらえるのが魅力です。

ただし求人数は多いのですが、その中にはあまり質がよくない求人も混ざっているので注意が必要です。

元々IT・インターネット専門の転職エージェントだった為、IT求人を得意としており、WEB系の仕事を目指すならワークポートで間違いありません。

2014年からは他の業界も扱う総合型の転職エージェントへと生まれ変わったので、営業系、オフィス系、販売系などの求人案件も豊富に取り揃えています。

質の良い求人もたくさんあるので、しっかり見極めつつ利用しましょう。

ワークポート

まとめ

【30歳まで】関東圏・関西圏

『就職Shop』

公式サイト➡︎https://www.ss-shop.jp/

【30歳まで】北海道・中部・九州

『DYM就職』

公式サイト➡︎https://www.dshu.jp/

【30歳まで】東北・中国地方

『JAIC』

公式サイト➡︎https://www.jaic-college.jp/

【31歳〜35歳まで】北海道・関東・中部・関西・九州

『DYM就職』

公式サイト➡︎https://www.dshu.jp/

【31歳〜40代前半】東北・関東・中部・関西・九州

『ワークポート』

公式サイト➡︎https://www.workport.co.jp/lp_wp_mikeiken/

その他の転職媒体について

フリーター向け転職サイト

編集部
私は始め転職エージェントの敷居が高く見えたので、他転職媒体を利用してました。

上手くいかなかったのでエージェントを利用したのですが、他媒体でおすすめの就活方法はありますか?

コンサル
転職サイトの利用も良いです。ただ転職エージェントを始めから利用する方が就活成功には圧倒的に近道です。

転職エージェントの求人案件は非公開なので、転職サイトやハローワークと比べライバルが少ないです。

また採用担当者がフリーター採用で最も気にする『熱意』や『ポテンシャル』に関しても、エージェントなら面接前と面接後にしっかりアピールしてくれます。

強力なプッシュがあるので、採用担当者も安心して採用できます。

 

転職エージェントでの面談は一見面倒に見えますが、自分の行動としてはWEB登録して来社するのみ。

後は任せられるので転職エージェントの方が求職者にとっても負担は少ないのです。

20代〜40代フリーター登録必須の転職サイト

 

コンサル
ただどうしても転職エージェントが億劫という方は、転職サイトの『未経験歓迎求人』を利用し、たくさんの企業に応募しましょう。

特にリクナビネクストは良質な求人が多いので、転職エージェントを利用する方も必ず登録しておきましょう

リクナビネクストの公式サイト

リクナビネクスト

公式サイト➡︎https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTはリクルートが運営する求人情報サイト最大手の一つ。求人数・利用者数ともに圧倒的数字を誇り、優良企業や大企業案件が多数あります。

求人の85%はリクナビにしか載ってない案件なので、就職活動をするならまず始めに利用するべきサイトと言えるでしょう。

メールアドレスを入力し、プロフィールを登録しておくことで、一般募集していない企業からのオファーメールが届くので、競争率の低い企業や優良企業と出会える可能性も高くなります。

また登録後に利用出来る「グッドポイント診断」も良質なサービスの一つです。面接や履歴書で必要となる「貴方の強みは何か」を客観的に教えてくれるので、書類選考でいつも落ちてしまう方は是非利用して下さい

WEB上で出来るのでおすすめです。

リクナビネクストのメインターゲットは転職者ですが、「未経験者歓迎」や「フリーターから正社員を目指す」に絞って検索すれば、既卒でも良質な求人を見つけることができます。

零細・中小企業は狙い目なので、登録したら良い求人を見逃さない為にも毎週チェックしておくとよいでしょう。

リクナビネクスト

転職エージェントの基本的な流れ

転職エージェントの流れ

コンサル
ここからは転職エージェントに登録した後の流れを解説いたします。

転職エージェント登録から内定までの流れ

  • WEBから「無料登録」もしくは「面談予約」をします(1分程度)
  • WEBから面談日・希望地の設定をします。遠方の場合電話も可(1分程度)
  • 面談用の履歴書を作成します
  • 面談日です。こちらの希望条件や希望職種を全て伝えましょう。(決まってなくても構いません)
  • 条件を元にキャリアアドバイザーが企業を紹介してくれます
  • 受けてみたいと思ったら「履歴書や職務経歴書の書き方」「面接対策」などアドバイスを貰います
  • 企業との面接です
  • 面接結果の通知がエージェントからお知らせされます
  • 希望すれば給料や待遇など労働条件の交渉をアドバイザーが代わりに行ってくれます

登録画面から面談日を決めるエージェントと、登録後に電話やメールで連絡が入るエージェントと2種類あります。

面談で話す内容

  • あなたの希望職種や希望条件
  • あなたの今までのスキルやキャリア。何が得意かなど
  • アピールポイントの棚卸し
  • 書類の書き方のアドバイス
  • 求人紹介

転職エージェント登録から内定までの期間

編集部
登録から内定までの期間はどれくらいなのでしょうか?
コンサル
最初の面談日や、面接の練習日など、スケジュールに合わせて前後しますが、最短で2週間です。

登録から就職内定までの期間は2週間〜1ヶ月

長くて3ヶ月程度見ておきましょう。

利用時の注意点とポイント

転職エージェント利用のポイント

step
1
担当者が合わない場合は変更してもらう

コンサル
もし合わない担当者に当たったら、変更をお願いしましょう

どの会社にも優秀な社員とそうでない社員がいるように、転職エージェントにもそれはあります。

もし合わないとか、話がかみ合わないとか、無理強いしてくるとか、嫌だなと思ったら担当者の変更をお願いしましょう。

転職エージェントも社員への教育は徹底しているので、それ程多くはありません。

step
2
担当者にやる気をアピールしておく

コンサル
やる気のアピールは結構重要です

良い求人をたくさん紹介してもらうなら、担当者にやる気をアピールしておきましょう。

転職エージェントも人間ですので、やる気のある人は応援したくなりますし、頑張ろうとしている人には、なんとかしてそれに答えようと良い求人をたくさん振ってくれます。

心配しなくても、登録者の大半が未経験で立場は同じなので、「自分なんて」と卑下する必要はありません。やる気をアピールするだけで有利になるんです。

具体的には「頑張ります!」と素直に伝えること。エージェントからの返信や折り返し電話はできるだけ早くすることです。

まとめ

【30歳まで】関東圏・関西圏

『就職Shop』

公式サイト➡︎https://www.ss-shop.jp/

【30歳まで】北海道・中部・九州

『DYM就職』

公式サイト➡︎https://www.dshu.jp/

【30歳まで】東北・中国地方

『JAIC』

公式サイト➡︎https://www.jaic-college.jp/

【31歳〜35歳まで】北海道・関東・中部・関西・九州

『DYM就職』

公式サイト➡︎https://www.dshu.jp/

【31歳〜40代前半】東北・関東・中部・関西・九州

『ワークポート』

公式サイト➡︎https://www.workport.co.jp/lp_wp_mikeiken/

【20代〜40代必須】転職サイト

『リクナビネクスト』

公式サイト➡︎https://next.rikunabi.com/

人気の記事

職歴なし・ニート・既卒100人アンケート 1

「現在ニート状態で職歴もない」 「初めて就活する決心をしたけど、どうやって求人を探せばいいのか分からない」 「応募したい求人がない。応募しても採用されない」   編集部職歴なし・フリーター・ ...

転職エージェントの仕組み 2

「応募したい求人が見つからない」 「履歴書を送っても面接に行っても採用してもらえない」 「転職エージェントの利用を考えているけど、どの会社が良いのか分からない」   フリーターで就活をされて ...

人と接しない仕事度○○% 3

「人と関わらずに仕事ができたらなぁ・・・」   一度はそう考えたことがありませんか? 「辛い仕事」の価値観は人それぞれですが、コミュニケーションが苦手な者にとって最も辛いのは「人と接する仕事 ...

就職Shop 4

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆ サービス名 運営会社 リクルートキャリア 求人数 8000件 料金 無料 利用地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫 対象 30歳 ...

フリータ向けの就職・転職サイト 5

今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。 目次1 既卒から就職活動を成功させる為の準備2 フリーターでも正 ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 6

今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴なしだった私は、 ...

転職エージェントの流れ 7

転職活動をする際には、(1)ハローワーク(2)企業HPなどから直接応募(3)縁故(4)(エージェント以外も含め)人材会社を経由の4つが主な手段となります。 大都市の首都圏や、大阪、名古屋は(1)~(3 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2019 All Rights Reserved.