在職中・退職後の転職活動 転職サイト・転職エージェント

在職中転職サイト・ハローワーク登録はばれるのか?バレない転職活動

「転職活動は在職中にした方がいいって言うけど、今の会社にバレないかな?」

「転職サイトやハローワークに登録してることを、現職場の人に見つからないかな?」

 

在職中の転職活動で最も心配なのが、就業中の会社にバレないかどうかです。

編集部
結論から言うと、在職中の転職活動は基本的にバレません

ただバレる可能性は0ではないので、注意して下さい。

この記事では「どんな時に転職活動が会社にバレるのか?」を、人事担当経験のあるコンサルタントに解説していただきました。転職活動がバレて、気まずい思いをした方の実例を交えながら、バレない為の対策をお話いたします。
・転職活動が会社にバレた実例
・転職サイト、ハローワーク登録の注意点
・人事が教える会社にバレない転職のコツ

在職中の転職活動は会社にばれるのか?在籍確認の禁止

編集部
在職中に転職活動をしていたら、今の会社にバレてしまうのでしょうか?
コンサル
基本的にはバレません。

応募した企業が、現会社に在籍確認をしないか不安になる方もおられますが、このようなことも一切ありません。

現在、個人保護法が厳しくなっており、勝手に情報を漏らすことはできませんし、本人の承諾なしに求職者の経歴会社へ問い合わせすることもできません

承諾書には本人の署名・捺印が必要なのです。

転職サイト・ハローワークへの登録や応募も基本的にはバレない

コンサル
転職サイトやハローワークのような施設への登録も同様です。

ハローワークの職員が会社へ漏らすことはできませんし、転職サイトに登録して現会社に連絡がいくこともありません。

これら転職媒体を利用しても基本的にバレることはないのです。(但し結果的にバレてしまうことがあります。後述)

 

ですので会社漏れを躊躇して転職の踏ん切りがつかなかった方は、安心して転職活動を行いましょう。

「在職中に転職活動をして、なぜ自分の会社にばれたのか?」その事例

編集部
では今の会社にバレる心配は一切ないのですね?
コンサル
いえ、限定的な理由により転職活動がバレてしまった方もおられます

その方々に共通しているのが本人の不注意です。ここからは、会社にバレてしまった実例を交えながら注意点を解説します。

現会社に転職活動がバレた事例

  • 転職サイトでのスカウト機能
  • ハローワークの電話確認
  • SNSへの投稿
  • 同僚から上司に漏れる
  • 求人を探している時に見つかる
  • 面接の日時調整でバレる

転職サイトでのスカウト機能で自分の会社にバレる可能性

コンサル
意外と多いのが、転職サイトのスカウト機能でバレる例です。

各転職サイトには、自身のプロフィールを登録しておき、企業からオファーを受け取る「スカウト機能」があります。

大手転職サイトは、「氏名」「生年月日」などのプライバシー情報は非公開になっているので、相手企業に知られることもありません。安心して利用している方も多いでしょう。

 

ただし非公開になっているのは、あくまで「氏名」や「生年月日」だけであり、「詳細な個人情報」や「現在の会社名」に関しては「公開・非公開」を選べるようになっているのです。(各転職サイトにより異なります)

もしそれらの情報を「公開」設定していた場合、現職の社員が見れば、誰が転職活動をしているのか一目瞭然。ここからバレてしまう方が多いのです。

 

「詳細な個人情報」や「会社名」は非公開にできますし、特定の企業にだけ見せないようブロックすることもできます。

匿名スカウトの仕組みと使い方
転職サイトのスカウトの仕組みと使い方

  転職サイトに自分のプロフィールや希望条件を記入しておくと、企業や転職エージェントからメッセージが送られてくることがあります。 これは「スカウト」や「オファー」と呼ばれるもので、企業があな ...

続きを見る

 

会社名を非公開にしていても、年齢や今までの経歴は公開されているので、見る人が見れば分かります。

実際私も「うちの社員のA、もしかして転職活動しているのか?」と、勘ぐったこともあります。詳細な個人情報だけでもバレる可能性はあります。

ハローワーク・面接先の電話確認でバレる

コンサル
ハローワークからの電話でバレる可能性もあります

前述の通り、就職支援施設や面接先企業から現会社に連絡がいくことは基本的にありません。

ただハローワークの登録情報などに不備があり、そこに現会社の電話番号が書かれていれば、気のきかない職員が、確認のため会社に電話をかけるといった事態が稀に起こります。

電話をかけないようしっかり伝えておけばこれらを防ぐことができます

 

また面接先企業が違法に現会社に在籍確認をする例も過去にはありました。

現在は厳しくなっているので、このようなことはほぼないですが0ではないです。

SNSへの投稿でバレる

コンサル
大半の方はなんらかのSNSをやっていると思います。

アカウントバレしてないからといって、軽率につぶやいているとバレてしまう可能性があります

Facebookは実名が前提なので発言に気をつけている方は多いですが、TwitterやInstagramは匿名が多いので、発言が軽率になりがちです。

自分のアカウントは会社の人に知らせてないからといって、会社の悪口や転職活動中であることをつぶやく方も多いです。

 

しかし「友人(または会社や家族)に垢バレしたかも・・・」と言っている人を一度くらい見たことがありませんか?

個人情報をつぶやくあまり、検索に引っかかり特定される可能性があるのです。

 

見られていないと思って、転職活動を赤裸々にSNSで語ることで会社にバレてしまうことがあります。

同僚に転職活動をばらされた 上司に漏れる場合も

コンサル
次に多い事例が同僚から上司に漏れることです。

転職活動中であることを軽い気持ちで言いふらす人はいないでしょうが、「この人なら信頼出来る!」と相談したつもりが、回りまわって上司にバレてしまうことがあるのです。

あなたが信頼している同僚に話したように、相談相手が信頼出来る同僚についつい口を滑らすことはあります。

本人に悪気はなくとも、それが膨らみ最終的に上司の耳まで届くのです。

 

転職先が決まってからバレるのならよいですが、転職先が決まってもいない段階で会社に不信感を与えることに何一つメリットはありません。

転職するということは、自分の中ではポジティブな理由があったとしても、会社に対してなにかしらの不満があってのことです。

同僚と会社の愚痴を話している時、ついつい口を滑らせ転職活動中である事をも言ってしまう方も多いです。

うっかりに気をつけましょう。

会社敷地内での転職活動でバレる

コンサル
転職活動中の形跡が見つかりバレる場合です

会社内で転職に関わる作業をしていた場合に特に多いです。

転職先とのやりとりを会社のメールを利用して行う強者もいますが、これは以ての外です。

しかしそれ意外でも会社のPCで転職サイトをチェックしたり、スマホでメールチェックをしていて、誰かに見られてしまったいう方もおられます。

ipadで転職サイトを見ていたのをすっかり忘れていて、仕事の資料を上司に見せる折、転職サイトが開き気まずい思いをしたという方もおられます。

他にも、求人情報誌を車に載せているのを忘れていて、上司や同僚を車に乗せた時にバレた方もおられます。

 

こういうミスは「自分はそんなまぬけなことは絶対しない!」という方にとても多いです。

会社内で転職活動をするのはできる限りやめておきましょう。

面接の日程調整でばれることも

コンサル
有給を取得したり早退をしたり、面接日時の調整でバレる方もおられました

普段一切仕事を休まず遅刻もしない人物が、急に午前休だけとったり早退をすれば怪しいのは当然で、結果バレてしまうのです。

 

また1度の面接で転職先が決まれば問題ありませんが、内定がでなければ何度も面接に出向く必要があります。

ある程度は求職者の都合に合わせ面接を行いますが、土日休みの会社なら休日面接に対応していない場合もあるでしょう。

そういった場合、平日を空ける必要があるので、外勤中に面接に行ったり、仕事をサボって面接に行く方が多いのです。

 

しかし、そのような行為はいつか会社にバレてしまいます。

面接先企業から見ても、求職者が外回り中に面接に来たと分かれば、印象は最悪。採用したくないのが本音ですので、絶対に止めましょう。

 

在職中の転職活動はスケジュール調整が難しいです。

可能なら「自身の休日」に、無理な場合はおもいきって「有給休暇」を利用しましょう。

バレるとクビ?転職活動は会社に伝えるべきか?内緒にしておくべきか

編集部
もし会社にバレてしまった場合、クビになることはあるのでしょうか?
コンサル
日本には職業選択の自由があるので、法律上一方的にクビになることはありません。

ただし就業規則で禁止している場合は注意が必要です。特に仕事中面接に行った時は、懲戒処分の可能性もあります。

編集部
では転職活動する前に、転職を考えてることを言ってしまう方がトラブルを避けれますか?
コンサル
人事の立場からすれば、その方がありがたいです。ただ労働者にとって、言って得することはありません。

できるなら転職先が決まってから現会社には伝えましょう。

転職先が決まれば当然辞める事を告げなければいけません。引継ぎの時間もあるので、一刻も早く会社に伝えるようにしましょう。

 

しかし転職先が決まるまでは極力隠しておいて下さい

でなければ引き止めにあったり、居づらくなったり、最悪は転職先が決まっていないのに辞めざるをえない状況になってしまいます。

何の未練もなく無職になっても問題ないなら構いませんが、基本は転職先が見つかってからの退社が理想です。

バレてよい事などほとんどないので、発言や行動に気をつけ転職活動するように心がけましょう。

転職活動がバレないように できる対策

編集部
では、どうすれば会社にバレないように転職活動をできるのでしょうか?
コンサル
やはり迂闊に言わないこと。

そして転職サイト登録時には特定できる個人情報は隠しておくことです

バレた事例でも分かる通り、ほとんどの原因は本人の不注意です。

信用できる人だからといって迂闊に言うのはやめる。会社での転職活動はやめる。SNSへの軽率な投稿はやめる。

転職サイト登録時は特定されそうな情報は伏せて書く。(氏名や生年月日や住所などは非公開ですので安心してください)

これらに気をつければ、まずバレることはありません。

会社にバレずにスケジュールを調整するなら転職エージェント利用がおすすめ

コンサル
時間がなくて会社で転職活動をやるしかない場合や、休みを取得するしかなく怪しまれてしまう方は転職エージェント利用を検討してみましょう。

転職エージェントは転職活動をフルサポートしてくれるサービスで、仕事探しから履歴書・職務経歴書の添削、面接対策や日時調整まで全て無料でやってくれます。

 

社会人が就活する一番のネックが時間で、やりたくてもなかなか行動に移せないのです。

しかし転職エージェントなら、登録してカウンセリングを行うことで(面談・電話相談両方あり)、後は求人紹介から、内定までの道を順序立てて準備してくれます。

やってみたいなと思える求人であれば面接に行けばよいですし、興味がなければ断っておけば、また新しい求人を探しておいてくれます。

時間コスパがとても良いですし、転職エージェントが現会社に転職活動をバラすようなこともないので、おすすめの転職活動方法です。

年収を上げたい方や、自分に合った良い求人を探したい方も是非利用してみましょう。

dodaのWEBサイト
後悔しない転職エージェント・転職サイトの選び方

「今よりも年収や待遇を上げ、良い条件で働きたい」 「転職サイトや転職エージェントは多すぎて、どれを利用すればいいか分からない」 「次の転職は絶対に失敗したくない!」   転職活動や就職活動を ...

続きを見る

書類選考免除の転職エージェント、書類選考なし面接確約の転職サイト 後悔しない転職エージェント・転職サイトの選び方|比較とおすすめ
あなたの就職・転職の悩みを人事・コンサルタント・職安相談人に質問しよう

人気の記事

職歴なし・ニート・既卒100人アンケート 1

「職歴なしから、どうやって就活をすればいいのか分からない。というか、既卒はどんな仕事に就けるの?」 「転職サイト・ハローワーク・転職エージェント色んな媒体があるけど、ニートはどれが利用できて、どれを利 ...

dodaのWEBサイト 2

「今よりも年収や待遇を上げ、良い条件で働きたい」 「転職サイトや転職エージェントは多すぎて、どれを利用すればいいか分からない」 「次の転職は絶対に失敗したくない!」   転職活動や就職活動を ...

リクナビネクストの公式サイト 3

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト 運営会社 株式会社リクルートキャリア 求人数 常時1万件 更新日 毎週水曜・金曜日更新 料金 無料 利用 ...

書類選考免除の転職エージェント、書類選考なし面接確約の転職サイト 4

「履歴書やWEB応募をしても、書類選考が全く通らない」 「一向に仕事が決まらない」   フリーターで就活をされている方は、上記のようなことで悩んでいませんか? 編集部私も30歳職歴なしから就 ...

転職エージェントの仕組み 5

「フリーターは転職エージェントを利用すべきなのか。メリット・デメリットを知りたい」 「正社員歴がない場合、どの転職エージェントを利用すればよいのか分からない」   フリーターで就活をされてい ...

人と接しない仕事度○○% 6

「人と関わらずに仕事ができたらなぁ・・・」   一度はそう考えたことがありませんか? 「辛い仕事」の価値観は人それぞれですが、コミュニケーションが苦手な者にとって最も辛いのは「人と接する仕事 ...

フリータ向けの就職・転職サイト 7

編集部今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。   紹介するフリーター就職媒体 ①転職サイト 【 ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 8

今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴なしだった私は、 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2019 All Rights Reserved.