無職・職歴なし・ニートの就職

『わかものハローワーク』と『ハローワーク』の違いとは

更新日:

わかものハローワーク

転職活動中の方、無職(フリーター・職歴なし等含む)の方、現在どのように就職活動を行っていますか?

 

転職サイトに登録したりハローワークへ通いながら、就職活動を進めている方は多いと思います。サイトや書籍などを読み、面接の仕方や応募書類の記入の仕方を勉強している方もおられるでしょう。

 

もちろんその方法でも問題ありませんが、他の選択肢として『わかものハローワーク』と呼ばれる就職支援機関がある事も頭に入れておいて下さい。

 

愛称『わかハロ』と呼ばれており、厚生労働省が若者雇用戦略の一つとして作ったものです。

わかものハローワークとは? 個別就職支援を受けよう

わかものハローワークとは「これまで正社員経験していない又は正社員経験が浅い者を主に対象」とした施設で、「45歳未満の正規雇用希望者」が利用できます。(東京は35歳まで、○○は39歳まで等、地域によって差あり)

 

通常のハローワークというと、平日の昼間でも中年齢層の方で溢れかえっており若者は交じりにくい空気があります。

 

そこでわかハロでは若年の就職をサポートする事に目をむけ、「入りやすい」をコンセプトに、明るく開放感のある作りにし若者が来館しやすい工夫をしています。

 

若年者就職支援と呼んでいますが、元々は30代への就職フォローが必要で設置された施設ですので、メインユーザーは20代後半から30代と比較的幅広い層が活用しています。

 

また前述の通り、転職者の方でも利用可能です。

ハローワークとわかものハローワークの違い

他にも通常のハローワークとは以下の点で異なります。

わかものハローワークのサービス

  • 担当者がつき個別支援がある
  • 応募書類作成の添削がある
  • 仕事探しの手伝いがある
  • 面接の模擬練習ができる
  • 内定後のアフターサポートがある
  • 就活カリキュラムがある
  • 心理カウンセリングがある

ハローワークと大きく違う点が求職者に対して個別の担当がつく事です。

 

一人一人に対し専門職員が付くので、職業相談に始まり、履歴書・職務経歴書の作成・添削面接のアドバイスなどをお願いできます。

 

また就職活動に必要な応募時の心掛け、面接時のマナーなど各種セミナーも用意しており、個別に面接の模擬練習もできるので、ハローワークを強化した内容となっています。

 

関連記事
パソコンを使う男性
ニート初めてのハローワーク利用法

ニートやフリーター、または職歴が一切無い既卒の方が就職活動をする上で、最もポピュラーなのがハローワークの利用です。   ここでは初めてハローワークを利用する既卒の方を対象に、「ハローワークの ...

続きを見る

 

勿論ハローワークの求人検索も可能です。

 

わかハロを活用する一番の利点が、企業の人事として働いていた経験者が専門職員となっていることでしょう。

 

採用をする側、応募書類を読む側目線での話を聞くことが出来るのです。あくまで元経験者の目線ですので、採用不採用の基準は各企業によって違いますが、生の経験者が語る知識は書籍やサイトよりも説得力があります。

 

また心理カウンセリングを行っていたり、採用後の相談などアフターサポートもしっかりしているので、今までハローワークで求人検索しかしていなかった方は一度利用してみるとよいでしょう。

ジョブカフェとわかものハローワークの違い どっちを利用する?

同じような就職支援施設に「ジョブカフェ」があります。

 

わかものハローワークと内容はほとんど変わりませんが、違いは対象者と所管です。

 

前述した通り、わかものハローワークは厚生労働者が所管ですがジョブカフェは都道府県が所管しています。また、ジョブカフェは若者に限らず主婦の方や年配者の方も対象としています。

 

一方わかものハローワークはあくまで若年者が対象であり、ハローワークの進化したもの、若者版となっています。

関連記事
ジョブカフェ
ジョブカフェとは?わかハロとの違い

現在無職の竹内君。毎日就職活動をしているものの一行に内定が決まりません。そこで今回は、就職支援施設であるジョブカフェに足を運びます。 「ジョブカフェって何?」「ジョブカフェの良い所悪い所」「ハローワー ...

続きを見る

わかものハローワーク利用方法 流れ

1、受付 登録

まず受付で今日は何をしにきたのか伝えましょう。初回利用時にはハローワークへの登録を行います。こちらは予約不要ですので、飛び込みでも可能です。また個別サービスを受ける場合は支援プランを作成します。どのようにして就職活動していくかを決めていきます。

 

2、個別支援相談 

個別支援の相談をします。こちらは予約が必要ですので、前もって電話でアポをとるか窓口で申し込みましょう。仕事探しのお手伝いや就職活動の相談が受けられます。

 

3、応募書類作成ルーム

応募書類作成ルームで履歴書や職務経歴書の作成を行います。

 

4、模擬面接

面接ブースで入退室の練習や質問の対応などマナーを学ぶことができます。

 

5、セミナー 就活倶楽部

必要に応じて就職活動に必要な知識を勉強します。ここで他の求職者の方と触れ合ったり、情報収集を行うこともできます。カリキュラムに沿って進んでいくので、すべての授業を受けられる方のみ参加可能と制限がある場合もあります。

 

6、その他サービスの利用

「職業興味」や「自身の価値観」などを診断する「キャリア・インサイト」を利用できます。PCで診断し結果を窓口に持っていけば、それに応じたアドバイスを受けることもできます。

 

7、求人検索 応募

求人を検索、または相談員からおすすめを受け企業に応募します。企業への電話や面接日の調整など職員の方が行ってくれます。

 

8、紹介状発行

紹介状が発行され、面接日に企業へ向かいます。

男性社員

求人検索以外もたくさんのサービスが受けられるんですね!

わかハロを利用するデメリット 評判

わかハロを利用する上でデメリットはほとんどありません

 

しいて言うならば求人内容がハローワークと変わらないので「カラ求人が多い」ことでしょう。

 

職歴が浅い者やキャリアが無い者には、年中募集をかけているようなブラック企業を当てられる可能性があります。

 

求人サイトで自分で探す・転職エージェントに紹介してもらう方が、質の高い企業に出会える可能性は高いです。

 

関連記事
握手
フリーター向けの転職エージェントとは

よりよい企業へ転職する為に、転職エージェントを利用することは一般的となりましたが、現在フリーターの方は(職歴なし・無職含む)、転職エージェントを利用してよいものか悩むと思います。 フリーターも有効活用 ...

続きを見る

 

また、わかハロは専門職員との相性の問題もあります。基本的には優しく親身になってくれる方が大半ですが、中には「今まで何をしていたんだ」と怒る方もおられます。

 

勿論あなたの為を思って怒ってくれる方が大半ですので真摯に受け止めるべきなのですが、極稀にただただ冷たい方もおられます。

 

職員は以前1企業に勤めていた方やキャリア退職された方ですので、情報や目線が狭い場合もあり就職活動のプロではない方も多いです。

 

この辺は相性ですので、自分と合わない職員の方に当たればデメリットとなるでしょう。

メリットの方が多い

見て頂いた通りわかハロを利用する上でデメリットはほとんどありません。他にも希望業界の動向をチェックできたり新卒応援コーナー等があり有効利用できるものは多いです。

 

東京、愛知、大阪など主要都市を含め、現在全国に約30箇所あるので気になった方は利用を検討してみましょう。

関連記事
既卒ニート職歴なし 就職サイトVSハローワークVS直接応募
既卒職歴なし 就職サイトVSハローワークVSエージェント

既卒の方(職歴なし・ニート含む)が就職活動をする際、始めに悩むのがどの媒体で求人を探すかです。 既卒用の求人を探す方法は大きく分けて以下の4通りあります。 既卒の求人を探す方法 転職サイト 転職エージ ...

続きを見る

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.