在職中・退職後の転職活動

転職の時期・タイミング。「何歳」「在籍年数」「何月」がいい?

更新日:

考える男性

転職のタイミング

人材紹介コンサルタントという職業柄、よく受ける質問に「いつ転職すればいいか?」と聞かれることが多いです。「いつ転職するのがいいか」という質問ですが、その「いつ」には色々な意味があります。

例えば、先日お越しになった20代後半の転職希望者。「何歳」で、「どれくらいの在籍年数」があって、「何月」に転職するのがいいかと尋ねられました。

私はそのような質問があった際、希望の会社でのポジションの募集が出たらすぐに応募してみてくださいと言っていますが、今回は一般的なタイミングについてまとめてみました。

年齢について

転職に最も適したタイミングは20代後半といわれています。

なぜなら、社会人としての基本も身についている一方で、まだ個として固まっていない部分もあり、新しい会社・人間関係にもなじみやすい頃だからです。まだ採用された会社での上長が、自分より年齢が上の可能性も高いので、上長の方も転職してきた社員を扱いやすいでしょう。

しかし20代後半が転職に有利なことがわかっても、経験不足と考えて転職を躊躇する人も多いと思います。そんな時は5年後10年後、今の会社での自分がイメージできるかを考えてみてください。もしイメージができない、もしくは将来のあるべき・目指すべき自分の姿と違うのであれば、転職を考えてみることをお勧めします。

なお、将来性を買ってもらえるポテンシャル採用があるのは20代後半まで

30歳を過ぎると、未経験でチャレンジできる職種はぐっと少なくなっています。反比例して実務経験のある求人が増えてくるのが30代以降です。30代になると企業から望まれることがかなり変わってきます。

30代はさらに高い専門性と十分な仕事経験はもちろんのことで、仕事の実績や成果といったものまで必要とされます。ですので、手とり足とり教えてもらえるという環境はほぼないと考えてください。また35歳以上になってくるとマネージメント経験(上司やリーダーとして部下の管理を行った経験)のある求人が増えてきます。

在籍年数について

一般的に勤務社在籍年数としてみなされるのは、どの職種でも3年程度だと言われていますから、できれば一度ご入社されたら、3年勤務先での就労経験されることをお勧めします。

また在籍年数が1年以内で転職活動をされる場合、採用担当者から書類選考や面接での厳しいチェックが入りますのでご留意ください。

どうしてかというと「採用しても不満を持たれ、長続きしないのではないか」「前会社で揉めて辞めたのではないか」などと疑いをもたれることが多いからです。

「石の上にも3年」と言いますが、まずは3年、一つの会社で働いてみてください。今は辛くて転職を考えていらっしゃるかもしれませんが、経験を積んでいくうちに、その会社での新しい可能性に気づくかもしれません。

何月に転職するのが正しいか

企業の求人情報は常に変化します。

定期的に採用している会社もあれば、欠員補充採用活動を行っている会社もありますから、この時期がお勧めという月はありません。ただし次の傾向があります。

一般的な日系会社ですと、平均的にボーナスの7月、12月の後、また年度初め・年度末にも退職者が多くなる傾向が高いので、これに合わせて求人が増えることが多いです。しかし転職希望者が多いため、案件に対しての競争相手が増えるといったデメリットもあります。

また外資系の場合ですと、いわゆる決算などの締めである年度末が4-6月です。よって外資系の場合、年度初めしばらく経ってからの求人募集が多いです。外資系企業の採用が日系と違う点は、日本支社として人員を採用する予算金額が決まっており、その予算を本社から承認してもらう必要があるのが一般的です。

年度末前後での求人案件になりますと、内定をもらっていても、人員を採用する予算がないとの事で、内定が長期にわたって保留になりやすい傾向もみられます。

また定期的な採用活動を行わないため欠員補充の意味合いで採用を行う会社も多いです。外資系を目指されるのであれば日ごろから、定期的に求人サイトなどをみて、求人の状況をこまめにチェックされてください。

前述のご質問をされた転職者の方の話に戻りますが、希望の求人案件があり、ボーナスをもらう3か月後になったらその案件に応募してみようと考えた結果、その会社の採用活動が終わってしまったそうで、希望する会社に応募する事ができませんでした。

もし自分の理想通りの求人案件が出てきた場合、まずはすぐに応募されることをお勧めします。

就活は転職サイト選びから

就活をすることが決まったら、まずは転職サイトに登録しましょう。

後悔しない転職エージェント・転職サイトの選び方・おすすめでは、今よりも良い条件で転職する方法や、求人探しのコツ、おすすめの転職サイトについて解説しています。

 

フリーター・既卒の方は、職歴なしの就職媒体の全てで各転職サイトの特徴や選び方を解説しているので参考にして下さい。

 

どちらにもおすすめなのが『リクナビネクスト』です。

メールアドレスを入力し、プロフィールを登録しておくことで、一般募集していない企業からのオファーメールが届くので、競争率の低い企業や優良企業と出会える可能性も高くなります。

就活を始めたらまず最初に利用しましょう。

転職エージェントの仕組み
フリーターの転職エージェント

「フリーターは転職エージェントを利用すべきなのか。メリット・デメリットを知りたい」 「正社員歴がない場合、どの転職エージェントを利用すればよいのか分からない」   フリーターで就活をされてい ...

続きを見る

人気の記事

職歴なし・ニート・既卒100人アンケート 1

「職歴なしから、どうやって就活をすればいいのか分からない。というか、既卒はどんな仕事に就けるの?」 「転職サイト・ハローワーク・転職エージェント色んな媒体があるけど、ニートはどれが利用できて、どれを利 ...

書類選考免除の転職エージェント、書類選考なし面接確約の転職サイト 2

「履歴書やWEB応募をしても、書類選考が全く通らない」 「一向に仕事が決まらない」   フリーターで就活をされている方は、上記のようなことで悩んでいませんか? 編集部私も30歳職歴なしから就 ...

転職エージェントの仕組み 3

「フリーターは転職エージェントを利用すべきなのか。メリット・デメリットを知りたい」 「正社員歴がない場合、どの転職エージェントを利用すればよいのか分からない」   フリーターで就活をされてい ...

jaicでもらった冊子 4

フリーターや既卒の就活に特化した転職エージェント『JAIC』。 就業経験一切なしでも29歳までなら登録可能で、企業紹介や就活のアドバイスをしてくれる就職支援サービスです。   編集部ただ「J ...

人と接しない仕事度○○% 5

「人と関わらずに仕事ができたらなぁ・・・」   一度はそう考えたことがありませんか? 「辛い仕事」の価値観は人それぞれですが、コミュニケーションが苦手な者にとって最も辛いのは「人と接する仕事 ...

フリータ向けの就職・転職サイト 6

  編集部今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。   登録必須の転職サイトをすぐに見 ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 7

今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴なしだった私は、 ...

dodaのWEBサイト 8

「今よりも年収や待遇を上げ、良い条件で働きたい」 「転職サイトや転職エージェントは多すぎて、どれを利用すればいいか分からない」 「次の転職は絶対に失敗したくない!」   転職活動や就職活動を ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2019 All Rights Reserved.