在職中・退職後の転職活動の進め方 転職エージェント

仕事が決まらない人の共通点。不安と焦り解消法

更新日:

寝転がる男性

人材コンサルタントの私が今までお会いした方の中に「仕事が決まらず不安です」と仰られる方がたくさんおられました。長い期間就活をしているのに仕事が決まらないと、焦りからストレス過多になってしまい将来を不安に思う方が多いのです。

しかしその心配はありません。正しい道程で就活を行えば、大抵の方は仕事に就くことはできるのです。今回は「仕事が決まらず不安な方への解消法」「仕事が決まらない人の共通点」「就職を成功する為に」についてお話しさせていただきます。

仕事が決まらない不安と焦り ストレス解消法

不安からの解消法

私がお会いした1人の男性も長い間仕事が決まらず、将来に不安を感じていました。

彼は30歳から32歳の2年間、一度も書類選考が通らず、次第に応募する求人もなくなり自宅にこもってしまうようになりました。実家住まいだったので生活は出来ていましたが、その時の精神状態はうつ寸前だったと言います。

仕事が決まらなく不安なのは勿論ですが、30代にもなって未だに両親に養ってもらっているという事実が、彼の焦りに拍車をかけていました。

どんな仕事でもいいから応募して就職し、精神を安定させようと考えましたが、本音は「そんな仕事採用されたくない」ですので、面接に呼ばれても全面にそのオーラが出てしまい、不採用となってしまうのでした。

不安を解消しようと楽観的に考えるようにしたり、ストレス発散も試みましたが、結局その不安が解消されることはありませんでした。

しかし本格的な就活をしようと、ハローワークで相談をしたり、私の元へ来てアドバイスを受けるようになってからは、不安や焦りが消え精神状態も落ち着いたのです。

まだこの時点では仕事も決まっておらず家族に養ってもらっている状況は変わらないのにです。

つまり彼が不安に感じていたものは「仕事をしていない」ことよりも「ずっと足踏み状態」にあったからなのです。

就活をして書類を送っても不採用、多少応募する企業の質を落として面接に出向いても不採用。結果がずっと変わらず、徐々に自分に対して自信をなくしてしまったのです。

しかし人に相談し少しでも前向きになれたことで、これを解消することができました。

誰かにに相談することで不安を解消できるかは個々によって異なりますが、今お悩みの方はまず「足踏み状態にいる自分」を疑って下さい。そして少しでもいいので行動を変えてみて下さい。

男性社員
1歩でも進むことがストレス解消になるんですね!

お金がない場合の不安

基本的に不安やストレスは足踏み状態であることが原因ですが、例外としてお金の問題があります。無職の方やニートの方、また仕事を退職している方は収入が一切ないでしょうから、お金がありません。

アルバイトや派遣でお金を稼ぎながら就活をするのが最も安心でおすすめですが、ずるずるとフリーターでいるのが嫌で早く就職活動にケリをつけたいという考えも分かります。

そのような場合は転職エージェントのご利用をおすすめします。転職エージェントの大手は大抵3ヶ月のサポートを目安にしているので、ほとんどの方はその期間中に結果がでるからです。

つまり短期決戦でケリをつけてしまうのです。またプロの添削もあり書類先行通過率も上がりますので、最短で2週間近くで内定が出ることもあります。短期決戦をしたい方は是非お試し下さい。

長期的に考えている方はアルバイトや派遣で収入を確保しつつ、転職サイトやハローワークで求人を探して就職活動を進めていきましょう。

仕事が決まらない人の共通点

腕組みをする男性

では、ここからは「なぜ仕事が決まらないのか」に踏み込んでいきたいと思います。

私が今までお会いした方の中で、仕事が決まりづらい方の共通点がいくつかありますので、ご紹介します。ご自身でも思い当たる節ありませんか?是非参考にされてみてください。

ネガティヴな転職・退職理由をそのまま伝えてしまう人

どんな人にも転職や退職には表向きの理由、また本音の理由があります。例えば、表向きの理由が「キャリアアップのため」、本音が「上司とそりが合わない」など。

それ自体は悪いことではないのですが、まれに本音の理由をそのまま企業採用担当者に伝えてしまう人がいます。

先日お会いした求職者様の中で、退職理由を「パワハラを受けたため」と履歴書に記入されている方がいました。

お話を伺うと、その方は「X社でパワハラを受けたので、3日で退職しました。私が悪いわけではないので私の正当性を主張したい」とおっしゃりましたが、この理由決して好ましいものではありません。

なぜなら人事担当者からすると、「メンタル的に弱い人なのではないか」や「採用しても揉めそうな人」などの決してポジティヴな印象は受けないからです。

面接は決して採用担当者を論破したり、説得するものではありません

「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるように自分自身をプレゼンテーションする場です。

この求職者の方に「X社がパワハラが慣例化している企業であれば、「社風が合わなかった」という理由でお話をする方法もありますよ」とお伝えしたところ、その方は「今までの面接、面接官を納得させることだけ考えていた、なんて残念なことをしてしまったんだろう」と嘆いていました。

転職・退職理由は決してポジティヴなものだけではないはずです、でも決して愚痴をこぼす、説得する内容にならないようにしましょう。

ご自身の条件を大切にしすぎる人

よく仕事に関しての希望条件を伺うと、いろいろな条件をおっしゃる方がいます。たとえば「残業は絶対できない」「男女比が半々」「上司が優しい人」などその条件は人によって様々です。

人材紹介会社でコンサルタント相手にその話をするのは全く構わないのですが、たまに、企業との選考面接の際に話してしまう方がいます。

以前お会いした求職者の方が、企業面接時に「何か質問がありますか」と企業側に聞かれた際、その方は「残業はしたくないのですが、どれくらい残業をしなければいけませんか」や「前職では上司がありえない人だったので、今回は人を見極めて転職をしたいと考えていますが、このポジションの直属の上司はどんな人ですか」など企業の人事担当者に聞いたそうです。

この質問を受けて人事担当者は求職者についてどう感じたかというと、「会社や仕事内容等に興味を持っているのではなく、会社の雇用条件や待遇・環境面に興味を持っているのではないか」と印象づけ、結果不採用としたのです。

条件や待遇面も大事ですが、それだけの基準で転職をしてしまうと、必ず「仕事がつまらない」「やる気が起きない」などと感じ、また転職活動をせざるを得なくなります。

条件面だけではなく、ご自身のやりがいや今後のキャリアビジョンにプラスになるかどうか、よく企業を見極めてください。

こだわりのない人

たまにいらっしゃるのが、手当り次第受けていらっしゃる方。そのような方には共通点があります。

例えば、志望動機などがどこにでも汎用性が効くもの「御社の将来性に魅力を感じ」や、明らかに採用企業側の募集内容と違うもの、たとえば営業職での募集であるにも関わらず「御社のホスピタリティに惹かれサービススタッフとしておもてなしをしたい」などで書類を送っています。

残念ながら企業採用側からすると、このような志望動機はすぐに見破られ、書類で落ちてしまいます。ただでさえ狭き門なのですから折角のチャンスぜひつぶさないようにしてください。

よく「何をやっていいのかわからない、仕事なんてどれも同じだから、やりたいことなんてない」という方がいますが、本当にそうでしょうか。

好きなことはないですか?たとえば「旅行が好き」とか、「人に喜んでもらう事が好き」、「ひとの話を聞くのが好き」など・・・。ご自分の好きが仕事に繋がれば、仕事をすることがとても楽しくなります。

ぜひ自分の好きを探してみてください。

転職サイト一覧

以下は新卒者、既卒者、転職者用の求人サイトです。応募する求人が見つからず仕事が決まらない方は合わせてご覧下さい。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.