無職・職歴なし・ニートの就職 転職サイト

オープンオファー・プライベートオファーの価値。リクナビのスカウト

更新日:

オープンオファー・プライベートオファーの価値。リクナビのスカウト

「企業側からオファーが届いたから応募したのに、不採用になった」

「転職サイトのスカウトって本当に意味があるのかなぁ」

 

転職サイトで履歴書や職務経歴書などプロフィールを入力すると、企業からオファーが届くようになります。(転職サイトの匿名スカウト・オファーの仕組みと使い方

 

それらメッセージには「本日はぜひとも貴方にお伝えしたい、求人情報がありご連絡いたしました」とか、「まずは一度お話しをさせていただけませんか?」など、熱の高い文章が書かれています。

 

「企業側からスカウトをもらえるなんて!是非とも!」と返信をしますが、喜びも束の間、半日後には不採用メールが送られてきます。

 

「そちらからスカウトしてきたのでは?」と怒りたくなりますが、実はこれ、珍しいケースではありません。

私が既卒で就活をしていた時期も、山のようにオファーが届き、応募しましたが、大半の企業からお断りされたのです。

今記事では、「オファーやスカウトは意味があるのか?」「オファーの仕組みと価値・採用率」「企業からのオファーと転職エージェントからのオファーの違い」「オファーへの返信例文」について解説させていただきます。

転職サイトのオファー・スカウトには採用期待値レベルがある

各求人サイトの「オファー」には、採用期待値レベルがあります。

「高」くなればなる程、企業の真剣さが変わってきます。

転職サイト オファー・スカウト 採用期待値
リクナビNEXT オープンオファー
興味通知オファー
プライベートオファー
マイナビ転職 気になるメール
スカウト限定求人(特別オファー)
プレミアムスカウト

 

その他

期待度低・・・「らいく!」「メッセージ」「非公開求人オファー」など。

期待度高・・・「シークレット求人のスカウト」「面接確約オファー」など。

リクナビNEXTのオファー 種類と仕組み

ここからは「採用期待値が低い」「採用期待値が高い」とは、どのようなことかを見ていきましょう。

「オープンオファー」は採用期待値「低」 書類先行で不採用も多い

リクナビネクストを例にすると、「採用期待値が低いオープンオファー」は、あなたの情報が企業にしっかりと伝わっていないオファーです。

「企業の希望条件」と「求職者の経歴・プロフィール」に少しでも共通点があれば、自動で送信されるので、あなたの情報は一切読まれていません。

応募があった段階で初めて目を通すのです。

補足

リクナビNEXTにログインした状態で求人検索をすると、後日、閲覧した企業からオープンオファーが届くことがあります。

「もしかして運命?」と喜んでしまいますが、これも閲覧者全員に対し、自動送信が行われているのです。

試しにログインせず企業の求人ページを見てみましょう。オファーは届きません。

つまりオープンオファーは、採用確立が低いどころか、企業にとって広告のようなものなのです。

あなたが受け取る情報としては、「求人情報」と「説明会の案内」程度と捉えておきましょう。

 

もちろん、あなたのキャリアやスキルを見た企業が、あなたを「必要な人材」と判断すれば採用されます。

「興味通知オファー」は採用期待値「中」

「採用期待値が中の興味通知オファー」は、あなたの「希望職種・希望勤務地」が企業と合致していれば、送られてくるオファーです。

 

このオファーも、ほぼ自動送信で、返信した段階で改めて選考が行われます。

オープンオファー同様、返信しても面接確約ではありませんし、お祈りメールが届くことも多々あります。

 

つまり「興味通知オファー」は、企業にとって営業メールのようなものなのです。

 

ただし、今までの経歴や住まいから「希望職種・希望地」を設定していると思うので、オープンオファーに比べて採用期待値は高くなります。

ポイント

「オープンオファー」や「興味通知オファー」は返信しても意味がないと言う方もおられますが、企業もお金を払って転職サイトを利用しているので、良い人材がいれば普通に採用します。

キャリアに自信がある方や、企業相手に良い人材とアピールできる方は、「オープンオファー」「興味通知オファー」も積極的に利用しましょう。

 

注意点として、大量採用をしている企業のオファーやスカウトは、ブラックの可能性が高いので気をつけて下さい。

 

関連記事
大量採用企業は狙い目か?避けるべきか?
企業が中途で大量採用する理由

求人でよく見かける内容に「大量採用」「大量募集」「積極採用中」というものがあります。大手企業ならまだしも、儲かっているように見えない企業も大量採用を行っているので、不安に感じる方は多いと思います。 で ...

続きを見る

「プライベートオファー」は採用期待値「高」 面接確約が多い

「採用期待値が高いプライベートオファー」は、あなたが書いた経歴やプロフィールを、しっかり読んで送信している可能性が高いです。

プライベートオファーが届いたら希望条件と照らし合わせ、合致したら返信をオススメします。

関連記事
転職サイトでオファー・スカウトメールが届いた時の返信・例文
スカウトメールが届いた時の返信と例文

「スカウトメールが届いた。面接を受けてみたいけど、なんて返信したらいいんだろう?」 「少し興味あるけど、このオファー文面では分からない。もう少し詳しく教えてほしい」 「希望条件と全く違う会社からのメー ...

続きを見る

 

これは、あなた必要な人材であると判断した上で送信されているので、面接確約のケースがほとんどです。

一般的な転職活動の行程

  • 行程1 希望求人を探して応募する
  • 行程2 書類選考
  • 行程3 面接
  • 行程4 (必要に応じて)最終面接
  • 行程5 内定

一般的な就職活動は、上記の行程を1から順に進めていき内定を勝ち取ります。

しかしプライベートオファーなら飛び級で、行程3の「面接」から始めることができるのです。

※しっかり読んで送信している「可能性が高い」と曖昧な表現なのは、プライベートオファーの中にも自動送信があるからです。ただ文面を読めば、こちらの情報が相手に届いてるか判断出来ます。

転職エージェントから送られてくるオファー

また、オファーは企業からとは限りません

リクナビNEXTが提携する転職エージェントが、あなたのレジュメを読みメールを送ってくる場合もあります。

(転職エージェントとは人材紹介会社のことです。コンサルタントと面談をし、あなたの希望を伝えることで、条件に適した企業を無料で紹介してもらえます。詳しくは転職エージェントの使い方。登録から面談~内定までの流れをご覧ください。)

 

転職エージェントのオファーは以下のような形で届きます。

転職エージェントのオファー

※本オファーはリクナビNEXTが提携する転職エージェントからのオファーです。

はじめまして。
○○の○○と申します。

貴方のレジュメを拝見し、
是非、ご提案させて頂きたいお仕事がございましたので
スカウトメールを送信させて頂きました。

この場合、転職エージェントが「あなたなら企業に紹介できますよ」とコンタクトをとってきています

企業があなたを「良い人材」と判断するかは分かりませんが、この方法で内定が決まった方もたくさんおられます。

 

企業からのプライベートオファーにしろ、転職エージェントからのオファーにしろ、通常より採用期待値が高いのは間違いはありません。

メッセージが届いたら、是非検討してください。

男性社員
採用期待値が高いのはプライベートオファーなんですね!

オファー・スカウトに振り回されず使いこなそう

このように、どの転職サイトのスカウトにもレベルがあります。

 

「オープンオファー」や「気になるメール」は、レジュメを一切読まずに送っているので、書類先行で不採用になる可能性は高いですが、「プライベートオファー」や「プレミアムスカウト」なら、採用の可能性も大きく上がります。

自分の希望と照らし合わせ上手に利用しましょう。

 

勿論、レベルの低いオファーやスカウトも、返信の手間が増える以外デメリットはありません。

オファーが良い求人であれば積極的に返信されてください。

人気の記事

職歴なし・ニート・既卒100人アンケート 1

「現在ニート状態で職歴もない」 「初めて就活する決心をしたけど、どうやって求人を探せばいいのか分からない」 「応募したい求人がない。応募しても採用されない」   編集部職歴なし・フリーター・ ...

転職エージェントの仕組み 2

「応募したい求人が見つからない」 「履歴書を送っても面接に行っても採用してもらえない」 「転職エージェントの利用を考えているけど、どの会社が良いのか分からない」   フリーターで就活をされて ...

人と接しない仕事度○○% 3

「人と関わらずに仕事ができたらなぁ・・・」   一度はそう考えたことがありませんか? 「辛い仕事」の価値観は人それぞれですが、コミュニケーションが苦手な者にとって最も辛いのは「人と接する仕事 ...

就職Shop 4

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆ サービス名 運営会社 リクルートキャリア 求人数 8000件 料金 無料 利用地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫 対象 30歳 ...

フリータ向けの就職・転職サイト 5

今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。 目次1 既卒から就職活動を成功させる為の準備2 フリーターでも正 ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 6

今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴なしだった私は、 ...

転職エージェントの流れ 7

転職活動をする際には、(1)ハローワーク(2)企業HPなどから直接応募(3)縁故(4)(エージェント以外も含め)人材会社を経由の4つが主な手段となります。 大都市の首都圏や、大阪、名古屋は(1)~(3 ...

人手不足だから仕方ない 8

「人が足りてないし休日出勤は仕方ないか」 「小さい会社だし残業代がでないのも仕方ないか」 「違法労働だけど自分が甘いだけかも、周りは文句言ってないし仕方ないか」   会社に勤めていて「この労 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2019 All Rights Reserved.