就活ノウハウ・仕事術 無職・職歴なし・ニートの就職 転職サイト

転職サイトでオファー・スカウトメールが届いた時の返信・例文

更新日:

転職サイトでオファー・スカウトメールが届いた時の返信・例文

「スカウトメールが届いた。面接を受けてみたいけど、なんて返信したらいいんだろう?」

「少し興味あるけど、このオファー文面では分からない。もう少し詳しく教えてほしい」

「希望条件と全く違う会社からのメールだったので断りたい」

 

転職サイトにプロフィール登録していると、企業や転職エージェントからオファーが届きます。

興味がない企業からのスカウトであれば、返信内容にこだわる必要はありませんし、無視でも問題ありません。

しかし、少しでも興味ある企業からのスカウトなら、丁寧な返信を心がけ、少しでも評価をあげたいもの

今記事では、元人材紹介会社の営業担当者が、「企業からスカウトメールをもらった時の返信のポイント」「スカウトを受ける時、断る時、質問する時の返信例文」について解説させていただきます。

オファー・スカウトメールには種類があり重要性が変わる

転職サイトにレジュメやプロフィールなどを登録しておくと、企業から(または、転職サイトが提携する転職エージェントから)「オファー・スカウトメール」が届きます。

 

匿名スカウトの仕組みと使い方
転職サイトの匿名スカウトの仕組みと使い方

  転職サイトに自分のプロフィールや希望条件を記入しておくと、企業や転職エージェントからメッセージが送られてくることがあります。 これは「スカウト」や「オファー」と呼ばれるもので、企業があな ...

続きを見る

 

この「オファー・スカウトメール」には、各転職サイトによって様々な種類があり、その種類によって採用期待値が変わります。(オープンオファー・プライベートオファーとは?各転職サイトのスカウトの種類

リクナビNEXTを例にすると、「オープンオファー」→「興味通知オファー」→「プライベートオファー」の順に、企業の真剣度が高くなっていくのです。

 

過半数を占める「オープンオファー」のようなスカウトは、「あなたの夢は何ですか?」とアバウトな導入文面であったり、一般公開されている求人情報と全く同じ内容の文面が届けられます。

そのことからも、こちらの職務経歴書やレジュメを一切読んでおらず、コピペ文の一斉送信であることが分かります。

 

「興味通知オファー」も、転職サイトに登録した人なら必ず届くスカウトで、重要性はありません。

「興味があります」と返信した後、初めて企業が私達のレジュメを読み書類選考に入ります。つまり、一般応募と大きな違いはなく、これらのオファーやスカウトは企業の広告と捉えることができます。

 

逆に「プライベートオファー」のような絶対数が少ないスカウトは、職務経歴書やレジュメなど確認した上で送られてくるものが大半なので、エントリーすれば書類選考をパスして、面接を受けることが可能です。

 

オファーやスカウトは無数に届くため、徐々に読まなくなる傾向が皆さんにありますが、プライベートオファーのような重要性の高いオファーには、少なくとも目を光らせておきましょう。

またプライベートオファーには期限があるので、エントリー期間を過ぎてしまわないよう注意しましょう。

オファー・スカウトメールは興味なければ返信不要

オファーメールが届いたら返信すべきか悩む方は多いと思いますが、前述の通り、全く興味がないスカウトや、自分とは関係のないオファーにまで返信する必要はありません

辞退ボタンがある転職サイトなら、そこから辞退しましょう。

(リクナビNEXTの場合は、企業からのオファーは返信不要、転職エージェントからのオファーは「このオファーを辞退する」ボタンで辞退することができます)

オファー・スカウト返信のポイントと注意点

オファーを受け、面接を受けてみたいと思った場合や、興味がわいた場合は返信しましょう。

スカウトメール返信の「件名」はシンプルに。返信と分かるように書く

スカウトメールの「返信件名」はシンプルに、また「返信」と分かるようにしましょう。

スカウトメール返信件名の例

RE:○○○○○○(送られてきた元の件名)/田中義光

冒頭に「RE:」をつけ、一目で返信であることが分かるようにします。

また、企業側が混乱しないように件名はそのまま残しておき、最後に自身の名前をつけましょう。

件名が長い場合は、途中で切っても問題ありません。

オファーの返信 本文を書く際のポイントと例文

本文を書く際のポイント

  • オファー・スカウトのお礼をする
  • 参加する、または興味があることを伝える
  • 自己PRを含める
  • 志望動機を盛り込む
  • (場合によっては)質問する
  • 面接日時について質問された場合は答える
  • 氏名、電話番号、メールアドレスの記入
  • 長くなりすぎないようにする

本文を書く時は上記ポイントを盛り込むようにしましょう。

 

企業が求めている人材が明確なら、志望動機を書くことで自身のアピールにも繋げられますし、より良い印象を持ってもらえるでしょう。

返信の例文

〇〇会社 採用担当〇〇様

お世話になります。田中と申します。
このたびはオファーをいただき誠にありがとうございます。

貴社の〇〇に強く共感し、△△に大変魅力を感じたので、是非応募させていただきたいと思います。
私は現在〇〇の業務に携わっています。今まで培ってきた経験を生かし、貴社の事業発展に貢献させていただければ幸いです。

以下に、私の面接希望日時を記載させていただきます。

11月12日(月) 13:00以降
11月15日(木) 終日
11月19日(月) 11:00以降

上記の中からご調整いただくことは可能でしょうか。
もしご調整が難しい場合は、再度日程を提示いたしますのでお申し付けください。

お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

名前:田中義光
電話:○○○-○○○○-○○○○
メールアドレス:△△△@△△△

興味はあるが、もう少し話を聞いてみたい場合

興味はあるものの、引っかかる問題がある場合は、素直に相談してみるのも一つです。

例えば「在職中で今すぐ転職は出来ないが、転職を視野に入れている場合」、あるいは「会社自体に興味はあるが、希望の業務とは違う場合」「勤務地を限定したい場合」などです。

 

そういった場合は、返信の際、自分の希望を伝え実現可能かどうか聞いてみましょう。

在職中の場合

私は在職中であり、もし内定をいただいても、入社までに2〜3カ月の猶予をお願いしなければなりません。

そのような条件でも、選考対象にしていただくことは可能でしょうか?

勤務地を限定したい場合

勤務地が「東京」「大阪」とされていますが、もし採用いただいた場合、勤務地の配属について、本人の希望を考慮することは可能でしょうか?

 

前述の通り、多くのスカウトは「興味あり」の返信をしてから検討段階に入ります。

企業側が「話をしてみたい」と判断して始めて面接の日程調整に入るので、返信したからといって、面接確約という訳ではありません。

職歴なしの方や無職の方など経歴が不利な場合、お断りされる可能性も高いでしょう。

 

しかし「企業の希望」と「あなたの経歴やスキル」がマッチすれば、書類選考を通過する可能性は大いにあります。

またプライベートオファーなら、ほぼ面接確約です。

企業によっては早期に募集を打ち切るケースもあるので、スカウトメールが届いたら、素早い対応を心がけましょう。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.