転職サイト・転職エージェント

外資系転職エージェント。経歴で物怖じしない為に。

地球儀とサラリーマン

外資系転職エージェント

ある日、外資系の外国人人材コンサルタントから、英語でスカウトメールが来た。英語はできないし・・・どうしよう。こんな体験をされたことはありませんか?転職活動の相談にいらっしゃる方からよく伺う相談です。

先日ご相談いただいた求職者の方、英文で非常に興味がある案件のスカウトメールを某外資系人材紹介会社からもらったようなのですが、返事をされるのをためらってしまい、結論としては返事を送られなかったそうです。でもせっかく興味があるので是非チャンスを掴みませんか?多くの方が返事をできない理由をまとめてみました。

英語ができないから返信できない

多くの方がこの理由で返信をためらっているようですが、英語ができるかできないかは大した問題ではありません。むしろあなたの経歴に合ったものを紹介してもらえればいいので、もし英語ができないからという理由で返信をためらっているのであれば、日本語で返信してみてください。

外国人コンサルタントの多くは日本語を流暢に話し、日本語の読み書きも不自由がない方が多いので、何も心配はいりません。もし日本語ができないコンサルタントであっても、社内に誰か英語に訳してくれるような人いるはずです。素直に英語が得意でない事伝えてみましょう。

英語ができる方がよい仕事・よい収入が得られるのではないかと勘違いされている方も多いのですが、決してそれがすべてではありません。むしろご自身の経験を活かせる仕事を探してもらってください。

ただし、将来的に英語を使い活躍されたい方、もしくは外資系で働くことを考えている方、人材コンサルタントに相談した際、必ず英語でのちょっとした面談があります。「自己紹介」「自分の強み・弱み」などを事前に準備されていかれた方がよいでしょう。

自分の経歴が負けてしまいそう

「XX業界専門コンサルタントといってきているが、外国人で、今までXX業界で働いていて、自分の経験以上に素晴らしい経験をしているコンサルタントなのではないか?自分の経歴のダメ出し、品定めがされそうで、すごく心配。」

このようなことを考えて折角のスカウト返信ができずに、チャンスを逃している方が見受けられます。何も心配はありません、もちろんXX業界の経験者もいますが、実は日本で働いている外国人人材紹介エージェントの多くは、日本でALT(中学校などで英語の先生)や語学学校英語教師などの経歴が前職であった方が多く、必ずしもその業界に従事し精通しているわけではありません。

それでは彼らがその業界で就労経験していないから、ダメな人材コンサルタントなのかというとそのようなことはありません。就業したことがないこそ、客観的に物事を見る側面もありますし、ご自身と類似会社で働く求職者からの話を聞いているので、情報を良く知っていることもあるからです。

むしろその人材コンサルタントが、自分の話をよく聞いてくれて、理解を示してくれるのか、また的確なアドバイスをしたり、書類を添削してくれるのかや自分の希望に沿った案件の紹介をしてくれるのかどうかをなどで、信頼できるコンサルタントかどうか見極めてください。

ただ外資系人材紹介会社は、非常に成果主義で、自分が希望をしていない案件への応募などを強要されることもごくまれにあります。もし自分が希望してないのに、何度断っても応募するよう求められた場合、毅然とした態度で断ってください。面接をしたからといって必ずしも応募する必要はありません。

また担当していたコンサルタントが短期間で退職してしまう事も多いのが外資系人材コンサルタントの特徴です。その場合は、代わりに対応してくれるコンサルタントに、再度自分の希望内容を伝えるなどされた方が、ミスマッチは防げるかと思います。外国人からのメールだからといってためらうことなく、是非チャレンジされてみてください。

就職・転職の求人探し

 

書類選考免除の転職エージェント、書類選考なし面接確約の転職サイト 後悔しない転職エージェント・転職サイトの選び方|比較とおすすめ
あなたの就職・転職の悩みを人事・コンサルタント・職安相談人に質問しよう リクナビネクストのグッドポイント診断

© 2021 その時採用|既卒・転職者の就活サイト