在職中・退職後の転職活動の進め方

早く仕事を辞めたい人は情に流されるな

更新日:

会社のビル

今あなたは「絶対に仕事を辞めたい」「明日にでも辞めたい」とお考えでしょうか?それとも「なんとなく辛いし辞めたいなぁ」とお考えでしょうか?

 

始めにお伝えしておくと、後者の方は仕事を辞める必要はありません。

「なんとなく辛い」程度ならば仕事を続けることで幸せになる可能性は高いからです。転職をした所で環境が良くなるとも限りません。

 

しかし「絶対辞めたい」「明日にでも辞めたい」とお考えの方は、すぐにでも行動に移す必要があるでしょう。そして確固たる意志を持つ必要があります。

一刻も早く仕事を辞めたいと考えているのに、言い出すことができず何年間も会社を辞めれない方は多いのです。そのほとんどは情に流され、雰囲気に流され、優しい顔をしてしまうからです。

 

今回は「仕事を辞めるデメリット」「情に流されないために」「仕事を辞める時の手続き・行動・注意点」「退職理由」についてお話しさせていただきます。

関連記事
考える男性
転職のきっかけ。「退職を決意した瞬間をインタビュー」

辞めるべきか、もう少し頑張るべきか。 転職が頭によぎった際、このように悩む方は多いです。 というのも転職しようと考えるようになった原因が、転職すべき十分な理由なのか、それとも今の会社に踏みとどまるべき ...

続きを見る

仕事を辞めて起こりうるデメリットは知っておこう

仕事を辞めるなら、まず始めに退職することで起こるデメリットを知っておきましょう。

デメリットを考慮した上で退職の意思が変わらないのであれば次に進みます。

 

デメリットは主に以下の4点です。

退職時に起こるデメリット

  • 転職先企業の環境が今より良いとは限らない
  • 転職して年収は下がるかもしれない
  • 先に辞めた場合、再就職先がすぐに見つかるとは限らない
  • その為、家族ありや1人暮らしなら、貯金または安定した収入が必要

労働環境が良くなるとは限らない

辛い労働環境から抜け出し新しい職場に勤めることになったとしても、それが今よりも良い条件の会社とは限りません。

休日数が少ない、風通しが悪い、激務、サービス残業・・・これらは中小企業でよく見る光景です。

体験談や口コミを調べたり、人材紹介会社から内部事情を教えてもらうことで、ある程度なら社内の雰囲気を知ることは出来ますが限界はあります。

実際に入社してみないと分からないことは多く、転職後に後悔する方は多いです。

年収は下がる可能性が高い

また転職は年収が下がる可能性が高いです。

同業同職でのキャリアアップならば年収がアップする可能性もありますが、未経験職種の場合大抵は下がると考えておいてよいでしょう。

スキルも1から磨かなければならないので、給料をアップするにも時間がかかります。

再就職先がすぐに見つかるか分からない

年齢にもよりますが転職先はすぐに見つからない可能性の方が高いです。

あなたが希望する条件の企業を探すのも難しいですが、その企業から採用してもらうのはそれ以上に難しいからです。

 

ですから今の仕事をしながら次の就職先を探し、内定を貰ってから辞めることでリスクを回避するのが一般的です。

可能な限りはそのように手順を踏んで下さい。

 

 

しかし明日にでも辞めたいと切羽詰まっている状況なら、それも難しいでしょう。

そういった場合は、すぐに再就職は出来ないものと考え、3ヶ月分程度の生活費を貯金しておく必要があります。

配偶者やお子さんなど家族がおられる場合は特に注意です。

関連記事
貯金
無職でもなんとかなる。貯金0円からの就活

今から転職しようと考えている方や、アルバイトを辞めようと考えている方には、「一定期間無職になっても大丈夫なのか」「なんとかなるものなのか」と心配される方は多いです。   結論から言うと仕事を ...

続きを見る

仕事を辞めると決めたら。強い意志を持とう

デメリットを知った上で尚も辞める覚悟ならさっさと行動に移しましょう。

社員の出入りが激しい会社や、ワンマン体質の会社ならば、案外簡単に退職届けが受理され拍子抜けするケースも多いです。

 

しかし大抵の会社では反対されたり嫌な顔をされたり、なんらかの否定的な意見を受ける筈です。

ここで大事なのが始めにもお話した「確固たる意志」です。

 

「絶対辞めさせない!」や「損害賠償を請求するからな!」というケースもあるでしょう。強気の方ならそんな事を言われれば「意地でも辞めてやる!」と意志を固めるきっかけになるかもしれません。

しかし実際は泣き落としで反対されるケースがほとんどです。

「○○君が辞めるからもう少し我慢してほしい」

「後任が見つかるまで」

「もう3ヶ月働いて考えてほしい。それでも辞めたかったら辞めてもいいから」

「前向きに考えておく」

もしこんな風に返されても「意地でも辞める」と言えるでしょうか?

ほとんどの方はもう少しだけ我慢しようと考えます。しかしそう考えた時点で意志は弱くなっており、企業の思う壺なのです。

「止めてくれているのだから期待されてるのかな?」

「案外今の職場も悪くないかも」

「これからは良くなるかも」

こんな風に考えてしまう可能性が高いのです。

勿論本当にそう思えるのならば辞める必要なんてありません。会社にとってあなたはとても大事な人材なのですから、考え直す余地はあるでしょう。

 

ただこのような例は大体一時的なものです。

都合のいいようその場限りで言っているだけで、何ヶ月かしたら職場環境も元通りに戻るのです。

実際上記の言葉通り3ヶ月~半年間頑張ってみると、退職の話は無かったことにされ辞める機会を失うでしょう。上司から退職の話を振ってくることは皆無ですし、こちらから話題を振っても再び怪訝な顔をされ振り出しに戻るのです。

 

私の友人もこのようなケースで、4年間仕事を辞めれなかったことがあります。4年後に強い意志を持って勇気を振り絞り辞めることを告げると、「了解」と1言ですまされました。

労いの言葉なども一切ありませんでした。

その時には人材も増えており友人が辞めた所で困らなかったからでしょう。時間を無駄にしたと今でも後悔している出来事の1つだそうです。

 

ですから「絶対に辞める」と決めたのなら、このような言葉でも折れない堅い意志を持ちましょう。

心配しなくとも、これらの引き留めは最初だけです。こちらが強い意志を見せれば、大抵の会社では納得してくれます。円満に退社することも可能です。

男性社員
何を言われても曲げない意思が大切なんですね!

仕事を辞める時の手続き行動と注意点

次に実際に仕事を辞める上での手続き行動と注意点を見ていきましょう。重要なのは以下の3点です。

退職時のポイント

  • 就業規則の確認
  • 形の残るものを提出する
  • 受け取り拒否された場合の最終手段

就業規則の確認

まずは就業規則の確認をしましょう。

 

会社には退職届を出す期間が定めらています。引継ぎなどの問題がある為、大抵は退職日から数えて1ヶ月~3ヶ月前でしょう。

来週までに辞めたいからと言って、今日提出して1週間後に辞めることは出来ません。余計なトラブルを避ける為にもこれは守りましょう。

 

但し法律的には2週間前に退職届を提出すれば辞めることが出来ます。入社時に交わした労働条件を企業側が破っていた場合は民法上すぐに辞めることができるのです。

 

ですから基本は就業規則に従う、いい加減な企業だったり話が通用しない企業には法律に従うと考えれば問題ないでしょう。

形の残るものを提出する

会社を辞める時は退職届けなど形の残るものを提出しましょう。

口頭で辞めたいと言って、例え上司が承諾していたとしても、形に残るものを提出しておかなければ都合のいいように変更されてしまう可能性があります。

必ず退職届は提出しましょう。

 

日程も曖昧にしないのがポイントです。「今から3ヵ月後だから○月○日まで」と、しっかり決めておくことで余計なトラブルを避けることができます。

また退職日の注意点として、一度日程を決めてしまうと変更するのは難しいということも頭に入れておきましょう。会社も計画の下動いているので、もっと早く辞めたくなったとしてもスケジュール変更はできない可能性が高いです。

一度決めたら変更はきかないと考えておきましょう。

 

もしあなたが正社員ではなく派遣社員や契約社員として働いており、契約期間が決められている場合は、その期間より早く退職するのは厳しいです。

病気や家族の都合などやむをえない事情ならば可能ですが、基本的には契約違反になることを覚えておきましょう。

退職手続きでのトラブル 受け取り拒否の最終手段

もし退職届を何度も提出しているのに会社が受け取らない場合は、内容証明郵便で送ることで対処します。

こちらは宣戦布告に近いものですので最終手段となりますが、何度も受け取り拒否された場合は利用を考えてみてもよいでしょう。

退職理由の説明・よく使われる理由

退職時に理由の説明を求められることがあるかもしれませんが、基本的には説明する必要はありません。どんな理由で辞めようとも企業には関係ないので「一身上の都合」でOKです。

 

但しそこは会社との信頼関係が全てです。

会社や上司と良い関係が出来ていたり、お世話になっていたにも関わらず、何もいわずに辞めるのはモラル的に問題があります。

しっかりと説明をし円満に退社できるようにしましょう。

 

退職理由は本当のことを話すのが一番ですが、本音は伝えられないという方は以下を参考にしましょう。

退職によく使われる理由1,家庭の事情

 

2,やりたいことが見つかった

 

3,起業したい

 

4,両親の介護のため

これらは退職時によく使われる理由で、バレることもあまりないものです。

 

但し一度嘘をつくと、退職までの期間つき通さなければなりません。どこかで辻褄が合わなくなったり、ボロが出ることもあるので、極力嘘は避けた方が良いでしょう。

もし労働形態や待遇など企業側に問題があるのならば理由を言う必要もありません。円満に退職したい方だけ理由を話すようにしましょう。

仕事を辞めたいと言えない人は退職の環境に追い込む

退職する時の注意点を見ていただきました。

 

何度も言いますが退職を告げるのはとにかく強い意志を持つことが大切です。

もしどうしても強い意思を持つのが無理な方は、辞めざるを得ない環境に自分を追い込むために、次の転職先や求人を先に見つけ応募してしまいましょう。

退職前に転職サイトを利用したりハローワークへ足を運んだりして、たくさんの求人に触れ、先に転職先を見つけるのは、退職後無職になるのを防ぐ為にも効果的です。

今まで何度も退職を考えたけどできなかった方は、自分をそのような環境に追い込んでみて下さい。

 

在職中に転職サイトを利用しても、会社には基本的にはバレませんのでおすすめです。

関連記事
転職活動は会社にばれるのか?ばれた事例。ばれない為には。
在職中に会社に内緒で転職してバレる場合

在職中に転職活動をする際、最も心配なのが、現在就業中の会社にバレないかどうかでしょう。 結論から言うと、在職中の転職活動は基本的にバレません。 ただ注意をしないと、バレる可能性は0ではないのです。 & ...

続きを見る

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.