就職・転職相談

14年務めている会社からの転職。業界は限られてしまいますか?転職時間もとれません

質問メール  質問

満足する男性

14年務めた会社を退職

Y・W 36歳男性

36歳男です。私は某印刷会社に勤めて今年で14年目となります。

入社して5年程度は残業もあり、それなりの給料、ボーナスを頂いていたのですが、年数が経つに連れて会社の景気も悪くなり、仕事も少なくなって給料、ボーナスも若手時代より少なくなりました。

チャンスがあればもっと待遇の良い業界、会社に転職も考えているのですが、14年という勤続年数、36歳という年齢で転職となると、給料やボーナスが少ないとはいえもったいないのでは?とも言われそうだし、年齢的にも受け入れてもらえる業界は限られるのではないかな?とも思っています。

そして、今の仕事を一度退職して無職になった状態で転職活動するよりは、就職が決まらないリスクも考えてできるだけ今の仕事を続けながら転職活動をと考えていますが、平日は仕事で有給もほぼ取れないのでなかなか他社へエントリーして試験、面接を受ける機会がありません。

36歳になり、14年勤めた会社を退職してまでの他社へ転職となれば、やはり業界は限られてくるのでしょうか?

そして、今の仕事を続けながら他社の試験や面接を受ける事は難しいのでしょうか?ご教授願います。

回答メール 転職コンサルタント・職業訓練講師の回答

コンサルタント

まずは自分の目で確かめてみるために応募してみましょう。好材料もあります

コンサルタント

仕事を続けながらの転職活動の悩み、とても辛いことと察します。

おっしゃる通り一旦退職してから転職活動を行う場合、どうしても否定的な視点で捉えられてしまうケースが多々あります。

無計画な人間ではないか、衝動的に行動してしまう人間ではないか、働く意欲はあるのか、そもそも働かなくても良い人なのではないか。

完全に退職してからの転職活動が肯定的に捉えられるケースはあまりないでしょう。

とはいえ質問者様が自らおっしゃる通り、勤務しながらの転職活動は体力的にも精神的にも負担が大きく、せっかく面接までたどり着けても時間調整がうまくいかず、その点で企業からの印象も悪くなってしまう。そんなケースもあるでしょう。

どうするべきか、悶々と悩まれている姿をお察しします。

確かに36歳という年齢は、一般的にはこれまでの職務経験を活かした仕事でなければ転職は難しいと言われています。

しかしながら、30代後半から40代前半のいわゆる「就職氷河期世代」は人手不足に陥っている職場が多く、また外的な要因としてオリンピック終了までは続くであろうとみられている好景気など、好材料もあります。

一般的な観念に囚われず、まずは自分の眼で確かめる意味でも、実際に履歴書を送って実感を得てみるところから始めてみるのはいかがでしょうか

真顔の男性

退路を断つことを勧めるわけではありませんが、一気に勝負をつける時も

職業訓練講師、若年者就職指導

転職は年齢を重ねるにつれ不安が増すものです。入社14年の中堅社員としての立場もあり、どのように振る舞うべきか悩むところでしょう。

まず、転職先の業種や職種についてですが、年齢や待遇面を考えると、あなたがこれまで身につけた知識や技能が活かせ、即戦力として活躍できる職場を選んだほうがよいと思います。

いま流行りの「スキルの棚卸」をして、これまでの仕事の成果とそれを支えた能力について具体的にまとめ、それらが活かせる職場を探してみましょう。

また、初めて経験する職種を選ぶ場合には、必要な資格を取得するなど、転職に対する意欲をアピールする必要もあります。

つぎに、就職活動に取り掛かる期間ですが、適性の判断をし、求人を探し、応募、試験、そして内定まで最低でも1カ月はかかります。

仕事を続けながらでは、さらに時間がかかるでしょう。場合によっては今の職場から強く慰留をされたり、引き継ぎに時間がかかったり、申し出から退職まで1カ月以上かかることも珍しくありません。

そこで、目指す仕事の目処がついた時点で、今の職場に退職を申し出て期限を決めたうえで就職活動することをお勧めします。

万一無職になっても失業給付金制度を活用することができますし、なにより退社のトラブルで再就職先に迷惑をかけることがないからです。

転職に向けての活動は、思うようなスケジュールにならないことが多くあります。

そのために焦って決めてしまったり、躊躇してチャンスを逃したりするかも知れません。

やみくもに「退路を断つ」ことを勧めるわけではありませんが、目標が見え始めたら一気に勝負をつけることも必要だと思います。

人事・コンサルタント・職安相談員への質問・相談

編集部
当サイトでは、転職や就職活動に対するあなたの悩みをメール相談できます。

どんな些細なことでも「企業の採用担当者」「転職コンサルタント」「職安相談員」が答えてくれるので、気軽に利用されて下さい。

名前(イニシャル可)、メールアドレス(回答のお知らせをする為)のみで質問可能です。

 

相談・質問する

 

© 2021 その時採用|既卒・転職者の就活サイト