就活ノウハウ・仕事術

既卒がインターンで働くのは遠回り。参加すべき人とデメリット

更新日:

既卒向けインターンの活用

インターンシップとは新卒者を対象としており、現在学生の方が利用するもの。一般的にはこのように認識されています。

しかし最近では既卒の方(社会人・フリーター・ニート)を対象としたインターンも増えており、利用する方も多くなっているのです。

 

そこで今回は、既卒向けインターンをはじめて知った方に向けて、「既卒のインターンはどういうものなのか?」「利用する上でどのようなメリット・デメリットがあるのか?」「どのような所で求人を探すのか?」を見ていきましょう。

インターンシップとは

そもそもインターンというものがよくわかってない方もおられると思うので、簡単に触れておきましょう。

先に言及した通りインターンは主に学生を対象としており、一定期間目的の企業で働き、現場を体験できるというものです。

 

なぜわざわざそんな段階を踏む必要があるのかというと誤った就職・雇用を防ぐためです。

学生は社会を一度も経験していません。なのに卒業間近になると職業選択を迫られ就職活動を行い、いきなり社会に飛び込みます。

これでは本人が想像していた仕事と大きくかけ離れしてまう可能性があり、結果早期退職に繋がる可能性もあります。それは本人にとってもマイナスですが、企業にとっても大きな損失です。

そこで実際に一度職場を体験し、イメージとの確認作業を行ったり、スキルを身に着けることで、ミスマッチをなくそうという目的があるのです。

 

インターンは必ず体験しなければいけない訳ではありませんが、学校によっては単位認定される所もあるので大半の方が利用しています。考えも確立でき、社会勉強の一つにもなるので積極的に参加する方がよいでしょう。

注意ポイント

新卒のインターンは例外を除き、労働とは捉えず社会勉強と考えられています。そのため無給であることが多いです。社会勉強とは名ばかりで、インターン生に従業員並の仕事を課し悪用する企業も問題になっているので注意しましょう。まともな企業がほとんどですし、常識的な企業ならしっかりとした社会経験を積む事が出来ます。

既卒向けインターン(社会人・フリーター・ニート)の特徴・メリット

今では既卒者、第2新卒等の方に向けたインターンもあります。

その対象は広く、在職中の社会人に向けたインターン、フリーターの方に向けたインターン、ニートや無職の方に向けたインターンまであります。

 

求職者にとっての既卒のインターンのメリットは、実際のスキルを積めること。現場の知識を得られること。正社員前提のインターンがある為、そのまま社員になれることです。

また企業にとっては、人材のお試しができるというメリットと、安く人材を確保できるというメリットがあります。

仮正社員体験ができる・ミスマッチを防ぐことができる

アルバイトでは会社の内部にまで踏み込んで業務を行うことはありませんが、インターンはあくまで仮正社員の位置づけですので、リアルな現場を体験することができます。

これを通してスキルを向上させ、即戦力をつけられるのが既卒向けインターンの最大のメリットです。

仮にその会社には就職せず、違う会社を探すことになっても、その経験は重宝されます。

また業務を通し体験することで、会社だけでなく職業選択のミスマッチを確認することもできます。

仕事を学ぶことができる・スキルをあげることができる

上記に近い内容ですが、仕事を学ぶことができるのもメリットの1つです。

中途採用での就職の場合、大抵は即戦力での雇用ですので一から仕事を教わるということはありません。

デザイン会社を例にとってみましょう。

デザイン会社に中途採用で入社した場合、その企業の働き方について学ぶことはできますが、デザインで使用する機械やソフトについて、わざわざ教えてくれることはありません。

PhotoshopやIllustrator、マークアップ言語、場合によってはプログラミング言語は使えて当然なのです。

しかしインターンの場合はそういった基本的なスキルも教えてもらうことができるのです。

勿論企業も暇ではありませんので、一から丁寧に教えるといったことはありませんが、独学で勉強しながら学ぶことが可能なのです。

また先輩の横に付いて仕事することが多いので、先輩の仕事方法や考え方を学ぶこともできます。

正社員前提の既卒向けインターンがある

既卒向けインターンの多くは、正社員前提や正社員雇用を見越した採用が多いです。

中小企業や零細企業に実習という形で働き、終了後に正社員登用をうけるというものです。これを利用し、正社員となった方も多くおられます。

ただし後述いたしますが、それを餌に安月給で働かせ、最終的に正社員として雇わないといった企業もあるので注意が必要です。

既卒インターンの業務内容と労働時間。給料について

前出の通り、既卒インターンの仕事内容は先輩につくアシスタントが多いです。

先ほどのデザイン会社を例にとると、サイトの更新作業や事務作業、原稿の校閲などが主であり、正社員業務とアルバイト業務の間くらいと考えるとよいでしょう。

労働日数は企業によって異なりますが、週3~週5くらいの範囲で、時間は5時間以上~といった所が多いです。

新卒向けのインターンと違う点が給料がでる会社が多い点です。

大抵は時給制や日給制を導入しており、平均時給は900円程。割の良いバイト程度と思っておきましょう。

既卒向けのインターンを募集している所

既卒向けのインターンはハローワークや転職サイトなどで募集しています。

また既卒向け専門のインターンサイトも多くあるので(キャリアバイトなど)、そういった媒体を利用し見つけるとよいでしょう。

エンジニア・IT・WEB系の職種、ゲーム・イラスト系の専門的な職業、他にも営業等は比較的多くのインターン求人を募集しています。

既卒向けインターンの評判と問題点

既卒向けインターンがどういったものか分かっていただけたと思います。

ただし既卒向けインターンにはそれ以上に注意する点があります。例えばインターンとは名ばかりで、助成金を申請する目当てで取り入れている企業があることです。

 

最も多いのが、正社員雇用前提と言いながら実例がほとんどない会社です。

正社員として雇用するとコストがかりますし、アルバイトでの雇用では大きな業務や長時間の労働は期待できません。しかしインターンなら正社員並の労働パフォーマンスを低コストで得られるので、それを悪用する会社も多いのです。

ですからその会社に必ず入社できるという考えは捨てておいた方が無難でしょう。

面接では甘いことを言う会社は多いのです。

既卒向けインターンより試用期間を利用

既卒向けのインターンを利用するメリットとデメリットを見ていただきました。

スキルや社会経験を積むこと、ミスマッチを防ぐことが目的であればインターンは有効です。

ただし使い捨てする企業があったり正社員になるには強いノルマを課す企業があったりとデメリットも多くあります。

中途採用には試用期間という制度もありますので、一刻も早く正社員として働きたい方は、インターンを利用するより既卒向けの転職サイトや転職エージェントを利用し正門突破の道を選ぶ方がよいでしょう。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.