派遣社員

転職先が決まるまで。正社員のつなぎに派遣という働き方

最近、派遣で働く方に多いのが「正社員になるまでの繋ぎ」という働き方。

「正社員として就職したいのに何故わざわざ派遣社員?」と思いますが、そのような方々は空白期間を上手く有効活用して働いているのです。

 

編集部
ただし最終目標が正社員なら、計画性をもって派遣を選んで下さい。

派遣にはすぐに抜けられなくなるデメリットがあるので、しっかり把握しておきましょう。

 

この記事は、「正社員のつなぎに派遣で働くメリット/デメリット」について、派遣会社に就業経験もある転職コンサルタントが解説します。
 ・正社員のつなぎに派遣で働くメリット
 ・派遣のデメリット
 ・派遣で働くなら目的を忘れないこと
 ・人気の派遣会社

 

正社員までの繋ぎとしての派遣社員はあり?なし?

編集部
採用が決まるまでに空白期間がありますよね?

離職期間中に派遣で働いても問題ないのでしょうか?

コンサル
正社員までの繋ぎに派遣社員として働くのは問題ありません。

下記のいずれかに当てはまるなら考えてみましょう。

 

こんな人に派遣はおすすめ

  • 正社員になるまで期間があるので1~3ヶ月だけ働きたい方
  • 正社員雇用が一向に決まらない方
  • 会社を退職し再就職先が未定の方
  • 転職先は決まっているが入社まで時間がある方

 

ただし、ほとんどの方の最終目的は正社員だと思います。すぐに内定が決まりそうなら、派遣をやる意味はありません。

 

後述しますが、派遣はとても不安定な雇用制度。「派遣で働いてるからとりあえず安心」と考えるのは間違いです。

 

まずは正社員としての就職活動を主軸に置きましょう

 

就活の王道は転職サイトでくまなく求人を探すこと。 リクナビネクスト 1つ登録しておけば十分です。

履歴書や職務経歴書を登録しておけば、企業からのスカウトメールも届くので忘れずに行いましょう。

 

\あわせて読みたい/

リクナビネクストの公式サイト
転職サイトならリクナビネクスト|特徴の解説と口コミ評判

転職サイト最大手『リクナビNEXT』     編集部この記事では、転職最大手リクナビNEXTの特徴についての解説と口コミを掲載しています。     サービス名 リクナビネ ...

続きを見る

 

1人で就活するのが苦手という人には転職エージェントの利用もおすすめです。

 

dodaのWEBサイト
転職エージェントとは|選び方とおすすめ

「今よりも年収や待遇を上げ、良い条件で働きたい」 「転職サイトや転職エージェントは多すぎて、どれを利用すればいいか分からない」 「次の転職は絶対に失敗したくない!」   転職活動や就職活動を ...

続きを見る

 

収入源を確保しながら就職活動を行う

コンサル
すぐに就職先が見つからない方や、入社まで時間がある方には派遣はおすすめです。

収入源を確保しながら就活できるからです。

 

場合によっては長期の離職も考えられます。

もしかしたら貯金がなくなるかもしれません。日常生活が送れなくなれば必ず働かなければなりません。

 

結果、今を生きる為だけの無駄なアルバイトや、ズルズルとその場しのぎの働き方をして、目標の正社員から遠ざかる恐れもあるのです。

 

最終的には希望条件とかけ離れた企業と正社員雇用を結んでしまう方もおられます。

 

それならば始めから収入源を確保しておくべきなのです。

派遣は1ヶ月〜3ヶ月など契約期間が決まっています。(条件によってはもっと短期もあります)

 

正社員としての仕事が決まったら、派遣契約を更新せずに辞めることもできるので、スケジュールが組みやすいという点もマッチしています。(ただし最初に決めていた期間は働く必要があります)

 

繋ぎで派遣社員として働くメリット

派遣社員のメリット

  1. 様々な条件で働くことが出来る
  2. アルバイト・正社員より時給が高い
  3. 残業した分の給料は上乗せされる
  4. スキルや責任をそれほど要求されない
  5. 未経験から経験をつめる

 

コンサル
非正規労働者と聞くとあまり良いイメージを持たない方も多いですが、空白期間中に働く場合、様々なメリットがあります。

 

1、様々な条件で働ける 単発・短期もOK

派遣社員最大のメリットは様々な条件で働けること。

 

「一日数時間の時短で働きたい」

「残業なしで働きたい」

「夕方までしか働けない」

「週2~3日しか働けない」

 

そんなバラバラな条件にも対応できるのが派遣です。

また調査や受付業務など1日だけの単発の仕事もあるので、正社員のつなぎとして派遣を選ぶ方には特におすすめです。

 

2、派遣はアルバイト・正社員より時給が高い サービス残業がない

正社員までの繋ぎなら、派遣ではなくアルバイトでもいいと思うかもしれません。

 

しかし、アルバイトの時給相場が800円〜900円なのに対し、派遣は1,200円前後。

時給だけで見れば派遣は正社員給よりも高いことが多いのです(ボーナス・保険も考慮すれば正社員の方が高いことが多いです)。

 

正社員と違ってサービス残業がないのもメリットです。時間を超過した場合は、きっちり上乗せして支払われます。

 

またアルバイトと違い保険加入も可能ですし、キャリアアップの為の教育訓練なども無料で受けられます。

 

3、スキルを要求されない 経験をつめる

正社員に比べると責任も重くありません。

アルバイトよりは即戦力を求められますが、高い技術が無くても就ける仕事はたくさんあります。

 

そのため、未経験から経験をつむという働き方も出来ます。

 

正社員としてはなかなか採用されないような業種や職種でも、派遣社員として働き、技術を身に着けステップアップすることで、正社員への雇用も可能です。

 

つなぎで派遣会社で働くデメリット

正社員のつなぎに派遣社員で働くデメリット

 

  1. ずるずる続けると派遣社員から抜け出せなくなる
  2. 次の派遣先がすぐに見つからない可能性がある
  3. 契約期間内は派遣先企業を退職できない

 

コンサル
つなぎで派遣を選ぶ場合のデメリットは大きく3つあります。

 

1、派遣社員から抜け出せなくなる

冒頭でも少し触れましたが、派遣社員として生活が満たされると、本来の目的である転職活動が疎かになってしまいます。

 

若い間はいいですが、年齢を重ねるごとに正社員採用の難易度は上がります。派遣にどっぷり浸かりすぎて、気がつけば正社員は手遅れということにもなりかねません。

 

あくまで正社員までの繋ぎであることを忘れないようにしましょう。

 

まずは リクナビネクスト などの求人サイトを利用して、正社員の就活を生活のメインにする。

時間が余るようなら派遣をやる。

 

このように必ず同時に行うようにして下さい。

 

2、派遣先がすぐに見つからない可能性がある

派遣契約を更新してほしいのに打ち切られてしまうのもデメリットの1つです。

 

派遣のシステムは、

①派遣会社へ登録する

②求人を見て派遣先を決める

③派遣先とあなたが双方合意したら、派遣会社とあなたが就業期間中のみ雇用契約を結ぶ

④派遣会社と派遣先は派遣契約を結ぶ

⑤雇用主である派遣会社の指示であなたは派遣先に行き就業する

という考え方です。

 

つまりあなたが働いているのは派遣先ですが、雇用関係にあるのは派遣会社。

そして派遣先の就業期間が終了した時点で、あなたと派遣会社との雇用関係はなくなります

 

そのあと紹介を受けたり、仕事にエントリーするのはもちろん可能です。

ただその期間中に収入はありませんし、すぐに新しい派遣先が見つかるとも限りません。

 

派遣も好きな仕事を選び放題というわけではなく、資格やスキルがあれば選べる幅は増えますし、全くの未経験であれば選択肢もそれなりの数に減るのです。

 

契約が終了するまでに就職先が見つかっていれば問題はありませんが、まだ決まっていない場合、振り出しに戻ってしまう可能性があることも頭に入れておいて下さい。

 

3、自己都合で派遣を退職する場合損害賠償が必要?

また、契約期間内に派遣先企業を退職するのは基本的にできません。

 

病気や怪我などは例外ですが、転職先が決まったからといって自己都合ですぐに退職するのは難しいです。

 

損害賠償を請求されるなんてことは滅多にありませんが、基本的には契約期間は勤め上げると覚えておきましょう。

 

転職活動をしながら派遣で働く

コンサル
派遣社員で働くポイントは、「お金のため」「スキルアップのため」「空白期間をなくすためな」など、目的をはっきりさせること

 

お金のためならどんな仕事でも構いませんし、できるだけ短期のものを選ぶと良いでしょう。

スキルアップや空白期間のためなら、これから正社員としてどんな仕事をしたいのかを考え、それに合った派遣を選ぶようにしましょう。

 

派遣の登録から就業までの流れを詳しく知りたい方は初めての派遣社員登録まる分かりガイドを、大手派遣会社の特徴を知りたい方は初めての派遣会社登録におすすめの派遣会社も参考にされて下さい。

 

人気の派遣会社

テンプスタッフ

テンプスタッフ(初めての派遣の方におすすめ)

多くの口コミサイトで人気が高く、人材ビジネス業績ランキングで5年連続1位の派遣会社です。

人材派遣会社という概念が日本にまだない時代に生まれた会社で、人材派遣のトップランナーとも言われています。

その人気はテンプスタッフが持つ求人職種の幅の広さと、労働者に対するフォローが整っていることでしょう。

大手商社から一般事務・営業までほぼ全ての職種の求人を網羅しており、調査や受付業務など単発の求人も多いので、どんな立場の方でも利用可能です。

また労働者の立場で仕事紹介や派遣先企業との交渉を行ってくれるので、信頼を寄せる方がとても多いです。

2分で完了する無料登録をすれば、自宅から仕事を検索して今すぐエントリーも可能です。

ただし実際にその派遣先で働く為には、本登録をするため全国にあるテンプスタッフへ来社し、紹介を受ける必要があります。

初めて派遣会社を利用するならテンプスタッフを利用するとよいでしょう。

テンプスタッフ

来社予約する

口コミを見る

 

人気の転職サイト

コンサル
将来正社員を希望されている方は、必ず転職活動も同時に行いましょう。

 

リクナビネクストのサイト

リクナビネクスト

リクナビNEXTはリクルートが運営する求人情報サイト。

転職媒体の中では、求人数・利用者数とも圧倒的に多く、大手企業から中小零細企業まで幅広い案件を抱えています。

求人の質も高いので、就職活動を始めるなら、まず最初に利用すべき転職サイトです。

求人の85%はリクナビ独占案件なので、他の転職サイトやハローワークなどにも掲載されていません。

サービスは全て無料、年齢問わず利用可能です。

職務経歴書(アルバイトでも可)・希望職種を記入しておけば、企業からのスカウトや、一般募集していない非公開企業からのオファーメールが届くようになるので、優良企業と出会える可能性が高まります。

就活するなら、まず始めに登録しておきましょう。

リクナビネクスト

リクナビネクスト公式サイト

リクナビネクストの口コミへ

 

人気の記事

職歴なし・ニート・既卒100人アンケート 1

「職歴なしから、どうやって就活をすればいいのか分からない。というか、既卒はどんな仕事に就けるの?」 「転職サイト・ハローワーク・転職エージェント色んな媒体があるけど、ニートはどれが利用できて、どれを利 ...

転職エージェントの流れ 2

転職活動をする際には、(1)ハローワーク(2)企業HPなどから直接応募(3)縁故(4)(エージェント以外も含め)人材会社を経由の4つが主な手段となります。 大都市の首都圏や、大阪、名古屋は(1)~(3 ...

dodaのWEBサイト 3

「今よりも年収や待遇を上げ、良い条件で働きたい」 「転職サイトや転職エージェントは多すぎて、どれを利用すればいいか分からない」 「次の転職は絶対に失敗したくない!」   転職活動や就職活動を ...

就職活動の相談メール 4

 質問 人と関わらない仕事の見つけ方Y・Y 男性 今まで様々な業種の仕事をしてきましたが、手先がかなり不器用で人より作業が一番遅くそれに対しての会社からのプレッシャー及び大過激なパワハラ、恐喝を受け、 ...

書類選考免除の転職エージェント、書類選考なし面接確約の転職サイト 5

「履歴書やWEB応募をしても、書類選考が全く通らない」 「一向に仕事が決まらない」   フリーターで就活をされている方は、上記のようなことで悩んでいませんか? 編集部私も30歳職歴なしから就 ...

転職エージェントの仕組み 6

「フリーターは転職エージェントを利用すべきか。メリット・デメリットを知りたい」 「正社員歴がない場合、どの転職エージェントを利用すればよいか分からない」   フリーターで就活をされている方は ...

フリータ向けの就職・転職サイト 7

編集部今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。   紹介するフリーター就職媒体 ①転職サイト 【 ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 8

  今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴な ...

© 2020 その時採用|既卒・転職者の就活サイト