仕事術

育児休暇後、スムーズに職場復帰するためには?

更新日:

育児休暇。最近では、育児休暇を利用しながら仕事を続ける人が増えましたね。大企業であればあるほど、女性だけでなく男性の育児休暇取得の推進は進んでおり、育児休暇後の職場復帰に関するサポートも手厚くなっています。

育児休暇

育児休暇とはいえ、仕事にブランクが空いてしまうのは事実

しかしそうは言っても、休暇は休暇。仕事にブランクが空いてしまうのは事実なのです。

職場や周囲のサポートが得られるかは自分次第

育児休暇後の職場復帰サポートがある会社であれば、誰でもスムーズに復帰できると思ってはいませんか?

残念ながらそれは、大きな勘違い。いくら大手企業や周囲に優しい職場であっても、きちんと周りからのサポートや理解を得られるかは、あくまで自分次第です。逆に企業として体制や制度が整っていない場合でも、育児休暇後の自分次第であれば、相当なサポートや理解を得ることは可能なのです。

育児休暇だったのだからという姿勢は通用しない

冒頭申し上げたように、育児休暇とは言え、職場の人間や取引先からすれば、休みは休みです。何が理由であれ、仕事をしていなかったという事実に変わりはありません。

“育児が理由だったのだから仕方ない”というような姿勢で仕事復帰を果たす人は見かけませんか?正論と言えば正論ではありますが、その態度は頂けないですよね?

確かに育児休暇で休んでいたのかもしれません。しかしながらそれはあくまで自己都合と言えば自己都合。仕方がないのだからというような姿勢は、我儘極まりありません。絶対にNGなのです。

では育児休暇後、スムーズに職場復帰するためには?

ここからは実践編。育児休暇後、スムーズに職場復帰するためのコツについてお話ししていきます。

1から教えを請う

先ず、最もシンプル且つ有効な方法。それは、新入社員になったつもりで、1から教えを請うことです。

働いている人ならわかると思いますが、仕事を1週間休むともはや大変なことになりますよね?自身の知らないことが発生していたり、新しいことが始まっていたり。

では育児休暇後は?想像しただけでもちょっと恐ろしいと思いませんか?育児休暇前と同じような姿勢で仕事に臨んでも、知識、経験不足が必ず露呈し、絶対に自身一人で仕事を進めることはできないでしょう。ゆえに、育児休暇後は、どんなにベテラン社員であったとしても、1からまた勉強し直すつもりで臨むべきなのです。

ひょっとしたら育児休暇前は自身の後輩や部下として働いていた人に、色々教えて貰わなければならない立場になるかもしれません。そんな時でも絶対に先輩づら、上司づらをしてはなりませんよ?かつては自身の方が仕事の腕はあったとしても、ブランクがあったのは事実。育児休暇期間中に、その後輩や部下の方が腕を上げているかもしれません。

素直に頭を下げる。教えて貰う。戦力としてきちんと周囲にまた認めて貰うためには、そんな低姿勢が大切なのです。

“私がいた頃は、こうじゃなかったんだけどね~。”教えて貰っておきながらこんな言い訳を並べるのも絶対にNGですよ?

育児を理由に仕事を投げ出さない

続いてのコツは、育児を理由に仕事を投げ出さないということです。お迎えがあるからなんて言って、仕事が途中であっても切り上げるのは絶対にNGです。

事実、元職場にはこのような女性がかなり存在しました。なかには、3時には会社を出ないといけないからその前提で仕事を依頼するようになんて偉そうなことまで言いだす人も。

凄いですよね?自身の生活サイクルを最優先、大前提にして仕事をしていたその女性は、当然のことながら周囲の評判は最悪。給料泥棒、図々しいなんて影で言われていました。こんなことでは、表面上は仲間として迎え入れてくれていても、いざという時には誰も助けてはくれませんよね?

ここまでしかできないというリミットは絶対に自分で設けてはいけません。 育児をしながら仕事を続けようという選択をしたのはあなたです。であれば、育児ありきで仕事をするのではなく、職場にいる間は、今まで通り仕事をしなければなりません。

時間内に終わらなそうであれば、どうすれば時間内に終えられるか考える。これは育児中であれ何であれ、当たり前。そのような姿勢を貫いていけば、自然と周囲が理解をしてくれ、知らず知らずのうちに働きやすい環境に周囲が整えてくれるでしょう。結果としてスムーズに職場復帰を果たせるのです。

まとめ

いかがでしたか?育児休暇を取得することは、決して悪いことではありませんし、推進されていることです。

しかし、職場復帰をスムーズに果たせられるかどうかと言えば、それは自分次第。折角職場復帰を果たしたのに、なかなかうまくいかないなんてことのないよう、今回挙げたコツは是非参考にしてみてくださいね。

就活は転職サイト選びから

就活をすることが決まったら、まずは転職サイトに登録しましょう。

後悔しない転職エージェント・転職サイトの選び方・おすすめでは、今よりも良い条件で転職する方法や、求人探しのコツ、おすすめの転職サイトについて解説しています。

 

フリーター・既卒の方は、職歴なしの就職媒体の全てで各転職サイトの特徴や選び方を解説しているので参考にして下さい。

 

どちらにもおすすめなのが『リクナビネクスト』です。

メールアドレスを入力し、プロフィールを登録しておくことで、一般募集していない企業からのオファーメールが届くので、競争率の低い企業や優良企業と出会える可能性も高くなります。

就活を始めたらまず最初に利用しましょう。

転職エージェントの仕組み
フリーターの転職エージェント

「応募したい求人が見つからない」 「履歴書を送っても面接に行っても採用してもらえない」 「転職エージェントを利用するか迷ってる。また、どの会社が良いのか分からない」   フリーターで就活をさ ...

続きを見る

人気の記事

職歴なし・ニート・既卒100人アンケート 1

「現在ニート状態で職歴もない」 「初めて就活する決心をしたけど、どうやって求人を探せばいいのか分からない」 「応募したい求人がない。応募しても採用されない」   編集部職歴なし・フリーター・ ...

転職エージェントの仕組み 2

「応募したい求人が見つからない」 「履歴書を送っても面接に行っても採用してもらえない」 「転職エージェントを利用するか迷ってる。また、どの会社が良いのか分からない」   フリーターで就活をさ ...

人と接しない仕事度○○% 3

「人と関わらずに仕事ができたらなぁ・・・」   一度はそう考えたことがありませんか? 「辛い仕事」の価値観は人それぞれですが、コミュニケーションが苦手な者にとって最も辛いのは「人と接する仕事 ...

就職Shop 4

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆ サービス名 運営会社 リクルートキャリア 求人数 8000件 料金 無料 利用地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫 対象 30歳 ...

フリータ向けの就職・転職サイト 5

今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。 目次1 既卒から就職活動を成功させる為の準備2 フリーターでも正 ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 6

今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴なしだった私は、 ...

dodaのWEBサイト 7

「今よりも年収や待遇を上げ、良い条件で働きたい」 「転職サイトや転職エージェントは多すぎて、どれを利用すればいいか分からない」 「次の転職は絶対に失敗したくない!」   転職活動や就職活動を ...

人手不足だから仕方ない 8

「人が足りてないし休日出勤は仕方ないか」 「小さい会社だし残業代がでないのも仕方ないか」 「違法労働だけど自分が甘いだけかも、周りは文句言ってないし仕方ないか」   会社に勤めていて「この労 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2019 All Rights Reserved.