就活ノウハウ・仕事術

希望通りの人事異動を果たすためには?

更新日:

企業で働く人にとって、人事異動は避けては通れないもの。入社してから一度も一つの部署から異動したことないなんて人は、非常に少ないものです。

またどうせ汗水流して働くのであれば、自身の希望部署で働きたいものですよね?急な人事異動であっても、希望部署への異動であれば喜んで異動するでしょう。

公園を歩くサラリーマン

人事異動に対して興味なしは勿体無い!

そんな人事異動。どうせ人事担当者や上司が決めることだからと、他人事のようには思っていませんか?確かに、最終的に決定したり、異動命令を下したりするのは人事担当者や上司です。

しかしながら決定をする過程の中では、その人個人の意見についても非常に反映されるものなのです。決して一方的なものなのではない為、興味なしとNOアクションで過ごすのは非常に勿体無いのです。

事実、人事異動に関する当人の意見は非常に影響力あり

先程申し上げたように、人事異動は最終的には人事担当者や上司が決定するものではありますが、決して一方的に決定されるものではありません。当人の希望や意見というのは、反映されるものである為、非常に影響力としては大きいものなのです。

考えてみてください。この部署でこんな仕事がやりたいという具体的なビジョンのある人と、特にやる気も目的もなしという人であれば、どちらをその部署に異動させたいでしょうか?絶対に前者ですよね。

勿論、そこに異動し活躍できるだけの力量等は必要にはなります。能力や責任も適量な人でなければならないのは大前提です。

しかしその大前提をクリアできていれば、あとは当人の意見や姿勢が大きな判断要素になります。決して馬鹿にはできないのです。

では希望通りの人事異動を果たすためには?

人事異動は決して一方的なものでないというのはご理解頂けましたね?当人の意見や姿勢は非常に影響力があり、大きな判断要素となるのです。つまり、希望通りに人事異動を果たそうと思えば、果たすことは可能なのです。

そこでこれより、希望通りの人事異動を果たすためのポイントについてお話したいと思います。

普段より自身の希望を伝えておく

何と言っても大切なこと。それは、普段より自身の希望を周囲に伝えておくということです。

例えば、将来中国に海外駐在がしたいという希望がある場合。普段の何気ない会話等で、周囲にそれを伝えておくことが大切なのです。勿論、口を開けば中国への海外駐在の話ばかりではNGです。

しかしながら実際、自身の希望を伝える場面と言うのは非常に多いのが実態です。と言いますのも、会社の同僚や上司との移動時間や会食等では、必ずと言っていいほど仕事の話になるからです。そして必ず、現在どのような仕事をしているのか、そして将来何がしたいのかという話になるからです。アピールできるタイミングがそこら中に広がっているのです。

普段より、自身の希望をそれとなくアピールしておくことで、周囲もそれを理解してくれます。また上司もそれを念頭に、次の人事を検討してくれます。

黙っていても伝わらない。それは希望の人事異動先についても同じなのです。

必要なスキルや経験を身に付ける

周囲に希望をアピールしていても、先程も申し上げたように適切な資格やスキル、経験等がなければ、やはりその部署への異動は果たすことができません。

TOEIC 800点以上がマストと言われている部署であれば、800点以上を保有しないことには異動を果たすことはできません。これは当たり前ですよね?

条件が斯様な具体的な資格でない場合も同様です。経験が求められる場面であれば、必要な経験値や知識の保有はマストです。

したがい、自身の希望する移動先が、どのようなスキルや経験が必要となるのかを事前に確認しておくことが大切です。そもそも手を挙げる資格も無いのに、やりたいやりたいと手を挙げ続けることは全くもって無意味なことですよね?

“将来○○の部署に異動したいので、△△の研修を受けさせて欲しい。”

闇雲にアピールすれば良いのではなく、アピールするにしてもきちんとポイントを押さえたうえでなければ逆効果。アピールだけでなく、必要なスキルや経験を身に付ける為の努力は大切なのです。

その部署へ異動することによるメリットを提示できるようにする

多くの企業であると思いますが、年に一度もしくは定期的なタイミングで、人事や上司と正式に面談をする機会はありませんか?現在の状況や不満の有無、そして将来の希望等をオフィシャルな形で伝えられる機会は、多くの企業で設けているはずです。

いくら普段より希望をアピールしてはいても、それはあくまで雑談ベースであるはず。熱意と言う意味ではどれだけ相手に伝わっているかは分かりませんよね?

そこで、さらに効果的に自身の希望を伝える為におすすめなのは、斯様なオフィシャルな場面でのアピールです。そしてその際には必ず、自身の希望だけでなく、それをすることによって得られる会社側のメリットを提示することが大切です。

例えば、先程より挙げている中国駐在であれば、自身が駐在することで会社側にはどのようなメリットがあるのかを話すことが大切です。

“本社における実務経験や知識を活かして、中国の○○事業を見直すことで、△△百万円の利益を出したい。”

これくらいの具体性や、メリットの提示が欲しいものです。異動目的にはこんなものがあり、また自身が異動することでこれだけのことを実現できるということを明確にしましょう。

人を動かすということは、会社にとってはコストもリスクも伴うもの。失敗は極力したくないのです。

ゆえにその企業側の意図を利用して、如何に説得できるかがキーポイント。非常に有効な手段なのです。

まとめ

いかがでしたか?

今まで人事異動に対して受動的であったのであれば、それが如何に勿体無いことであるか理解頂けましたね?希望の人事異動を果たすことは不可能ではないのです。

人事異動の希望があるのであれば、是非今回挙げたポイントを参考に実践してみてくださいね。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.