就活ノウハウ・仕事術

就活におけるモチベーションアップの方法とは?

更新日:

新卒入社の就職氷河期を経験した私から言わせますと、就活は何と言っても体力、そしてメンタル勝負。この一言に尽きると言っても過言ではありません。

日々、企業説明会や面接会場に足を運び、且つその合間をぬって履歴書やエントリーシートを作成。余程要領のいい人でない限り、就活期間は多忙で仕方がないですし、何度も不合格通知を受けることになります。

健康

就活は体力、そしてメンタル勝負

 

したがい、就活は体力的にもメンタル的にも実にハード。ゆえに、体力そしてメンタル勝負と言えるのです。

体力とメンタルを支える源、それがモチベーション

体力的にもメンタル的にもハードな就活ではありますが、そんな就活を支えるにあたって最も重要なもの。それは、モチベーションです。

“絶対に第一志望の企業に入社する。”“絶対に将来○○になってやる。”

所謂、やる気や目標に対する熱い思いこそが、就活というハードな期間を支えてくれるのです。モチベーションが高い状態で臨むことで、体力もメンタルも常に良いコンディションでいられるのです。

断言します。モチベーションが高い状態で就活を続けることができれば、就活は必ず成功できます。

と言いますのも、モチベーションが高い状態と言うのは、言わば、自身の目標に対しての強い思いや具体的なイメージがある状態です。したがい、きちんと目標やビジョンが定まっている為、必要なことが自然と見え、的確な行動が取れるのです。不要な行動を取らない為、最低限の力で行動ができますし、ミスも減らせるのです。

モチベーションは体力とメンタルを支える源。しかし結果的には、就活を成功へと導くものともなっていくのです。

では具体的なモチベーションアップの方法とは?

もはや就活そのものの結果にも繋がっていくモチベーション。常に高い状態を維持するためにはどうすればよいのか、いよいよこれより紹介していきましょう。

就活ノートを作成する

先ずおすすめの方法、それは就活ノートを作成するということです。

所謂、就活状況を自身で管理するノートですが、作り方や管理方法は人それぞれというのが実態です。ゆえに既に作成している人もいるかもしれませんが、モチベーションアップに繋げるにはただ作成すれば良いわけではありません。きちんとポイントを押さえなければ何の効果も無いからです。

就活ノートを作成するにあたって、最も大切なことは、“自身の目標を明確に記入すること”です。例えば、商社マンになりたいという目標があるのであれば、なぜ商社マンになりたいのか、商社マンになって何がしたいのか等を明確に記入するようにしましょう。可能であれば5W1Hで書きましょう。

理由はこのように自身の目標を明確にすることで、なりたい自分を鮮明にイメージすることができるからです。また描かれた将来像は決してネガティブなものではなく、非常にポジティブなはず。成功している姿を想像しますよね?ゆえにそんな成功している自分をイメージすることで、自然とモチベーションもアップすることができるのです。

目標の明確化からのやることリストの作成

就活ノートはわざわざ作りたくないという人でも、目標については必ずどこかで明確にする必要は出てきます。それは履歴書やエントリーシート等には必ず、“志望理由”や“入社したらやりたいこと”という欄が存在するからです。嫌でも、その欄では自身の目標や思いを明確に記述する必要が出てくるのです。

したがい、就活専門ではノートを作らないという人でも、必ず目標は明確化しておくことをおすすめします。明確化しておくことで、自身に必要な作業が自然と理解できるようになるからです。正しいやることリストを作成することができるのです。

自身の目標を達成するためにはどんな業界を受ければ良いのか。どんなスキルが必要なのか等々。自然と必要なものが見えてくるため、余計なものを含むことなく、正しくリストアップできます。

余計なことはせず、最短且つ最小の力で就活ができれば…自ずと体力もメンタルも温存できますよね?

目標を明確化し、そしてそれに基づいてやることリストを作成することで、余計なミスや漏れがないまま就活を続けることができるのです。斯様な状態で就活ができれば、モチベーションが下がるわけがないですよね?

ご褒美デーを作る

就活ノートややることリストを作成し、最短ルート、最小限の力で就活が進められたとしても、それでも毎日毎日就活では疲れてしまいますよね?

私自身も、日々就活のことばかりに追われるのは苦痛ではありました。モチベーションを高く保つようにしてはいても、それでもマイナス感情が現れてしまっていたのは事実です。

そのような時に私が行っていたこと。それは就に最低1度はご褒美デーを作るというものです。

友人と食事をする。日帰りで小旅行に出かける等々。就活についてはその日一日は忘れるようにしていたのです。

ポイントは、必ずそのご褒美デーを就活のスケジュールが書いてある手帳やノートに記載すること。できれば蛍光ペン等を使用して目立つように。そうすることで、このご褒美デーまでは頑張ろう!というようにモチベーションが自然と上がるのです。

メリハリをつけるためにも、このご褒美デーは効果絶大。上手に自身に飴とムチを使うことで、メンタルを上手にコントロールでき、結果的にモチベーションを高い状態のまま保つことができるのです。

まとめ

いかがでしたか?

体力とメンタル勝負な就活を乗り切るためには、如何にモチベーションを高く維持することが大切か理解できましたか?

今回挙げた方法は、あくまで例ではありますが、いずれも就活氷河期時代に私が行っていたもの。この方法で私はモチベーションを高く保っていましたし、大手商社への入社を果たしました。是非試してみてくださいね。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.