就活ノウハウ・仕事術

海外転勤が決定したら絶対に持参すべき日本食3選

更新日:

海外転勤になった!でもまぁ普段から洋食派だし、別に日本食の準備なんてしなくても良いか。

そんな風に考えている人。それは大間違いです。断言します。たとえ日本では洋食派の人であっても、多少なりとも日本食を持っていかなければ、絶対に後悔します。

缶詰

日本食を持たずに海外転勤は有り得ない!

 

勿論、海外転勤先によっては厳しい輸入規制がある場合もあるでしょう。しかし特に規制がないのであれば、経験上、上限いっぱいに日本食を持っていくことが大正解なのです。

基本的に海外での日本食調達は困難

事実、国や地域によっては、日本食を容易に現地調達できるところもあります。例えばシンガポール。シンガポールの場合、日本食スーパーを訪れると、ここは日本か?と思ってしまうくらい、多種多様な日本食が揃っています。

米、味噌に始まり、調味料や菓子類、また納豆に至るまで、様々な日本食を揃えることができるのです。

しかしながら、このシンガポールの例はかなりの異例。日本食スーパーがあっても、種類は豊富ではなかったり、そもそも日本食スーパーすらなかったりする国や地域の方が多いのです。それは先進国、途上国関係ありません。

別に日本食に強いこだわりはないなんて人であっても、日本食が一切入手出来ない国や地域に海外転勤となったら苦痛を強いられるのは目に見えているのです。

日本食の現地価格は約2倍以上と心得よ

先程も申し上げたように、国や地域によっては日本食を容易に調達できます。しかしながら値段は、日本で買う場合と比べて最低でも2倍以上はするのが実態です。

例えば、醤油。私が現在赴任している国では、一本あたり600円以上します。固形のカレールーについても同様。日本では一箱200円以下で買っていたものが、現地では600円以上するのです。

このような現状があるからこそ、海外転勤時には日本食の準備がマストなのです。

では海外転勤が決まったら何をどのくらい買えば良いのか?

数量や個数制限が無ければ、持てる分は全部持って行って欲しいというのが本音ではありますが、賞味期限や予算も考えるとそうもいきませんよね?そこで今回は私の経験から代表して、3つの日本食を紹介したいと思います。

精米だけでなく、レトルトごはんをふりかけと共に持っていくべし

普段は洋食派だし、朝食はパン派で白米は食べないなんてそんな人も多いでしょう。

しかしそんな人でも必ず精米は上限いっぱいに持っていくことをおすすめします。経験上、現地の米はどうしても日本人の口に合いませんし、なかには虫が湧いているものも多いです。

したがい、海外引越しで荷物を出す時に米もまとめて荷物に出すことを強くおすすめします。引っ越し業者がDoor to Doorで運んでくれるため、重さも気にしなくていいですしね。

またこの時、精米だけでなく、パックに入ったレトルトごはんも必ずふりかけと共に準備するようにしてください。

と言いますのも、海外転勤直後は現地での生活にもなかなか慣れず、体調を崩しがち。また多忙で食事をまともに準備することも難しいのが実態です。

そんな時、パックに入ったレトルトごはんは非常に便利。電子レンジで温めればすぐに食べることができますし、慣れ親しんだ日本の味なので落ち着くのです。またふりかけがあれば、味も淡泊にならずに済みますよね?お茶漬けの素であれば、それだけで一品になりますね?

海外転勤者の中には、マンション等ではなくホテル住まいとなる人も多いですが、そんなキッチンのない人でも、レトルトごはんがあることで簡単に自宅で食事を取ることができるのです。

インスタント味噌汁、スープはお助けアイテム

米同様、インスタント味噌汁やスープも代表格として挙げられます。お湯を入れてすぐに飲めるという手軽さもそうですが、味噌をなかなか手に入れにくい海外では非常に重宝するものです。

またインスタント味噌汁やスープの良いところは、常温保存が可能で且つ賞味期限が長いところ。生の味噌よりも長期保存ができるので、非常におすすめなのです。

最近では、真空パックになったしじみが入っている味噌汁も売られています。値段は通常の商品と比較すると高めではありますが、私が赴任している地域ではしじみがなかなか食べられない為、たまのお楽しみに一役買っていますよ?

またインスタントスープですが、こちらは使い回しが出来る点に利点があります。例えばごはんの上にかければ雑炊やリゾットになりますし、ショートパスタにかければスープパスタにもなります。

インスタントスープは海外にもあるのでは?と思われがちですが、あまり売られていない地域もあります。実際、私の赴任先にはほとんどありません。

日本には和風、中華風、洋風等様々なものが売られていますので、是非用意していきましょう。

缶詰各種は日本の味を楽しむ代表格

最後に挙げるものは缶詰です。こちらもすぐに食べられる、常温・長期保存が可能な点からも非常に優秀なものなのです。

最近では様々なものが缶詰として売られていますが、特におすすめなものはさば・いわし・さんま等の煮魚系、貝類、そしてひじきです。

海外でも勿論、魚の缶詰は売られているのですが、多くはオイル漬けやトマトソース味のものばかりです。 日本でよく売られている甘辛醤油煮や味噌煮というものはないのです。

また貝の煮付けに関しては、全く見たことがありません。したがい、日本で調達するのがベストなのです。

またひじきについても、海外では調達がなかなか困難ですし、仮に調達できてもいちいち戻す必要があり、面倒ですよね?缶詰なら手軽なのです。

ホテル住まいでなかなか自炊ができない、もしくは日本食レストランが存在しないなんて場合、缶詰でも一時の日本の味を手軽に楽しむことができますよ?

まとめ

いかがでしたか?海外転勤が決まったら、VISAの手続き等を進めつつも、日本食の購入は必ずしなければならないことの一つなのです。

海外転勤先でも心身ともに万全の状態で仕事に打ち込む為にも、食生活を自分なりに整えておくことは非常に大切なのです。

ここで挙げた必須日本食はあくまで一例。他にも調味料、レトルト食品、乾物等々挙げだしたらきりがありません。あくまで一例ではありますが、是非参考にしてみてくださいね。

人気の記事

既卒ニート職歴なし 就職サイトVSハローワークVS直接応募 1

既卒の方(職歴なし・ニート含む)が就職活動をする際、始めに悩むのがどの媒体で求人を探すかです。 既卒用の求人を探す方法は大きく分けて以下の4通りあります。 既卒の求人を探す方法 転職サイト 転職エージ ...

握手 2

よりよい企業へ転職する為に転職エージェントの利用は一般的となりましたが、現在フリーターの方は(職歴なし・無職含む)、転職エージェントを利用してよいものか悩むと思います。 「フリーターから就活成功した」 ...

人と接しない仕事度○○% 3

「人と関わらずに仕事ができたらなぁ・・・」   一度はそう考えたことがありませんか? 「辛い仕事」の価値観は人それぞれですが、コミュニケーションが苦手な者にとって最も辛いのは「人と接する仕事 ...

就職Shop 4

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆ サービス名 運営会社 リクルートキャリア 求人数 8000件 料金 無料 利用地域 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫 対象 30歳 ...

フリータ向けの就職・転職サイト 5

今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。 目次1 既卒から就職活動を成功させる為の準備2 フリーターでも正 ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 6

今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴なしだった私は、 ...

転職エージェントの流れ 7

転職活動をする際には、(1)ハローワーク(2)企業HPなどから直接応募(3)縁故(4)(エージェント以外も含め)人材会社を経由の4つが主な手段となります。 大都市の首都圏や、大阪、名古屋は(1)~(3 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2019 All Rights Reserved.