仕事術

もう悩まない!パワハラを上手に回避するためのコツ

パワハラ。最近よく耳にする言葉ではありますが、パワハラと聞くと具体的には何をイメージしますか?“クビにするぞ”、“死ね”というような暴言。“部下は○○をやって当然”というような圧力的な指示。いずれもパワハラに当て嵌まるでしょう。

サラリーマンの宴会

パワハラの定義が広いゆえに、被害者は多数

しかし一方で、“上司が誘っているのだから早く飲み会に来い”。実はこれもまた、相手によってはパワハラの一つと捉えかねないのです。

パワハラとは前者のような明らかな暴言、圧力的な指示を指すだけでなく、後者のような誘いもまた当て嵌まるのです。したがい、広い定義ゆえ、パワハラの被害者は多数となっているのが実態なのです。

とは言ってもパワハラと訴えることはなかなか難しい

“パワハラの定義は広い。”“言われた側、された側が不快に感じればパワハラ成立となる。”しかしとは言いつつも、ご想像の通り、なかなか被害者側がパワハラと訴えることは難しいのが現状です。

職場の雰囲気、今後の関係性、そして自身の待遇や出世を気にすると、どこまでをパワハラとして訴えて良いのか悩ましいからです。“こんなことまでパワハラとするの?”と思われてしまったら最後、職場に居辛くなってしまうのは容易に想像できますよね?

ではパワハラを上手に回避するコツとは?

パワハラと感じても、なかなか周囲に訴えることは困難。しかしながらいつまでも苦しい思いはしていたくないですよね?何もアクションを取らないのは、当然自身にも相手にも良くありません。

そこで上手に事態を改善させ、上手にパワハラを回避するためのコツを紹介したいと思います。

第三者の意見を聞いてみる

パワハラとして訴えた方が良いのか?と悩ましい時。先ずおすすめなのが、第三者に自身の悩みを聞いて貰うことです。

あくまで第三者の視点で、実態を把握・判断して貰い、パワハラとして会社側に立件して貰うべきかどうか先ずワンクッション置いてみましょう。

自分だけの視点で判断してしまうと、実は誤解だなんてこともあるかもしれません。自身の判断ミスともなってしまえば、たちまち自身の立場が危うくなってしまいますよね?

謝って済めば良いですが、もしそれでは終わらなかった場合。職場に居辛くなってしまうかもしれませんよね?そうならない為にも、第三者の意見に耳を傾け、公平な判断を仰いでみましょう。

ストレートに嫌悪感を表してみる

パワハラ問題がなかなか解決しない要因の一つに、パワハラをしている側に自覚が全くないということも挙げられます。“まさか相手が傷ついていたとは。”と逆に驚いてしまうパターンがまさにそれですね。

斯様なパターン、厄介と言えば厄介です。しかし相手に自身の不快感や嫌悪感が伝わっていないことが原因ですので、実は解決は比較的容易なのです。ストレートに感情表現をしてしまえばよいのです。

例えば飲み会の席。酔った勢いとは言え、屈辱的な言葉を何度も浴びせられたりしたら、勇気を出してストレートに感情を出してしまいましょう。

私は斯様な経験をした際、それまでずっと笑顔であったとしても、明らかにいつもと違う態度を取りました。うつむいたり、目を合わさずに返事をしたり・・・。

上司や顧客に対して斯様な態度を取るのはちょっと勇気がいることかもしれませんが、私の経験上、斯様な人たちはそれくらいしなければ気付かないのが実態。勇気を持ってやってみましょう。

笑いながらパワハラを指摘してみる

これは上級編ではありますが、笑いながら相手にパワハラを指摘してみましょう。私の元職場の先輩は、この方法を用いて上手にパワハラ回避をしていましたので、紹介します。

彼女が取った方法。それは周囲に聞こえる声で笑いながら、“課長、それパワハラですからね~。次言ったら人事に言いますよ~。”

非常にストレートですよね?先程紹介した私の行動よりも強烈だと思いませんか?しかしながらこの対処法、非常によくできているのです。

理由は二つ。一つ目は、笑って冗談めいたように言いながらも、明確に相手に自身の不快感を伝えることができるから。そして二つ目は、周囲に聞こえるような声で言うことで、相手に羞恥心を与えつつ、周囲に周知することができるから。

彼女のこの行動により、課長からのパワハラ発言が無くなったのは勿論のこと、その後同じフロア内で別のパワハラが発生することは一切ありませんでした。上級編ではありますが、非常に効果的なのです。

まとめ

いかがでしたか?

パワハラとはその定義が広いがために、困っている人も多数いれば、対処方法も悩ましいものなのです。しかし不快な思いをしている以上は、事態を良くさせたいですし、回避できるものは回避したいですよね?

今回挙げた対処法はあくまで一例。しかし効果は実証済みですので、是非とも利用してみてくださいね

就職・転職の求人探し

 

書類選考免除の転職エージェント、書類選考なし面接確約の転職サイト 後悔しない転職エージェント・転職サイトの選び方|比較とおすすめ
あなたの就職・転職の悩みを人事・コンサルタント・職安相談人に質問しよう リクナビネクストのグッドポイント診断

© 2021 その時採用|既卒・転職者の就活サイト