就活ノウハウ・仕事術 無職・職歴なし・ニートの就職

福利厚生とは?企業で用意している種類と必要性

更新日:

裕福な暮らし

福利厚生。それは、従業員が給与とはまた別に企業から得られる報酬を指します。

企業によって従業員に対して用意しているものは様々ですが、一般的には、家賃補助や健康保険、厚生年金等が挙げられます。

就職活動を行う際、福利厚生を第一に見て志望企業を確定する人はあまりいないかとは思いますが、志望企業を決定する上でも重要なファクターとなるのは事実です。

そこで今回は、企業が従業員に用意している福利厚生、そしてその必要性についてお話したいと思います。

福利厚生の種類は様々

冒頭申し上げたように、企業が用意している福利厚生の種類は様々です。

大企業になればなるほど内容は充実しており、住居や保険、年金だけでなく、アニバーサリー休暇というようなユニークなものまで備えています。

あくまで福利厚生とは、非金銭報酬となっている為、給与のように金銭として得ることは先ずありません。その為、表面的には見えない部分となっています。

知っておかないと損をするかもしれない

また入社前に企業側より、自社の福利厚生については説明をしてくれはするものの、きちんと自身で内容や申請タイミング等を理解していなければ、得られるべき権利や報酬を逃してしまう可能性もあります。

福利厚生は従業員であれば誰でも利用、得ることのできるものではありますが、斯様な背景から、きちんと把握している人しか得することができない傾向があります。

ゆえに種類は様々、また内容も複雑である福利厚生については、自身でしっかり理解をしておく必要があるのです。

福利厚生の必要性①

福利厚生は非金銭報酬なので、得することってあまりないのでは?斯様に思われる方もいるかもしれません。しかし福利厚生を甘く見てはいけません。

目に見えた数字として表れていないかもしれませんが、福利厚生が充実していることで、毎月の給与額は少なくても、生活としては豊かになるケースもあるのです。

例を挙げて説明しましょう。会社Aの社員は月給25万円、福利厚生は健康保険と厚生年金のみであったとします。

一方、会社Bの社員は月給20万円ではありますが、福利厚生として健康保険と厚生年金に加え社員寮(家賃月5,000円)や他にもレジャーランドや宿泊施設等の優待券がついていました。

一見、会社員Aの方が豊かに見えますが、実は会社員Aは自身で毎月8万円の家賃を支払っており、家賃を差し引くと17万円しか残りません。

これでもう分かりますね?会社Bの社員の方が家賃分が安い為、2.5万円得しているのです。給与という目に見えた数字だけでは一概に判断ができないとはこのことなのです。

給与額が高いに越したことはありませんが、この例のように、給与額が高くても福利厚生があまり充実していないのであれば、毎月の生活面では少々苦しい思いをする可能性もあるのです。

福利厚生の内容や充実度がもたらす効果が大きいのは、まさに斯様な点があるからと言えるでしょう。

福利厚生の必要性②

福利厚生の必要性について、今度は異なる角度から見ていきたいと思います。私の友人を例にお話ししましょう。

彼女の元職場には福利厚生として健康保険が用意されていました。この健康保険、どこの企業でもそうですが、基本的に企業側が準備・手配を進めます。

もっと言ってしまえば、黙っていても企業側より配布されるというケースがほとんどです。しかし彼女の場合は、彼女がいくら企業側にプッシュをしてもなかなか配布がなされなかったのです。

その期間、約半年。約半年間、健康保険が無い状態を想像してみてください。容易には病院に掛かることはできませんね?

コンタクトレンズの処方箋ですら、負担金額が恐ろしくて手にすることはできないでしょう。

幸い、健康保険が配布されるまでの半年間、彼女は病気一つ掛からなかった為、斯様な難は避けられたのですが、非常に不安な日々を過ごしたのは事実です。

先程も申し上げたように、福利厚生は幾ら会社に備わっているものであっても、きちんと従業員自らが内容や申請タイミング等を理解していなければ、福利厚生の持つメリットを得ることはできません。

彼女の件は、企業側の怠慢や管理体制に問題があるものではありますが、従業員自身も自身の生活への影響や必要性を考えていなければなりません。

生活に密着したものと言っても過言ではないでしょう。それほど大切なものなのです。

まとめ

このように、企業が従業員に対して用意をしている福利厚生は様々なものがあり、またその一つ一つが豊かな生活をはぐくむ上で必要なものを秘めています。

ゆえに企業選びの際には、給与面だけでなく、企業が用意している福利厚生の部分についてもチェックをすることが大切です。

そして福利厚生の内容や申請タイミング等についても、企業任せにするのではなく、自身でも確認をして、利用していくようにしなければなりません。

知っているのと知らないのとでは大違い。是非、自身の職場における福利厚生について、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.