転職サイト・転職エージェント

障害者枠の契約社員から正社員雇用について 西田【体験記】

更新日:

桜とオフィス街

障害者手帳を取得し障害者枠での転職活動をされている西田さん(仮名)に体験談を書いていただきました。

障害者枠の正社員雇用について

現在の企業は半年契約のMAX3年更新、その後は契約打ち切りになるか正社員になるかだが、過去の実績の中では正社員になった人は居ないという話を半年契約終了時に人事担当部長より聞きました。私の試用期間3カ月が過ぎた時点で総務から直接部門の庶務に異動となり、取得したかった衛生管理士の受験資格さえも得ることが出来なくなってしまいました。

異動時の話では、正社員になるチャンスの一環であり更新時に昇給の可能性があるから直接部門への異動という話でしたが、契約更新時にそのような話は一切なく「まだ半年しか働いていないので」という回答でした。
当然、異動先の統括部長と、直属の上司である部長以外は障害者枠での採用という事を知らず、一般の社員として見ているため仕事の量や通院に対する半休の取得などの理解が得にくい部分があります。

前人の派遣社員と同等(というより社員扱いなのでそれ以上)の仕事量が科せられ、そこのポジションを狙っていた社員スタッフからの風当たりは強い状況です。また、障害者枠で入った契約社員より正社員として入社し、その後体調不良で休んでいたスタッフが復職する際の時短勤務者であっても、私たちの給与よりは高いという実態を知ってしまいました。

そんな中、正社員にはフレックス制度が適応されるためコアタイム勤務をすれば、早く帰ることも許され通院するにしても十分に間に合う時間に退社が可能だが、契約社員の私たちは半休制度を取らなければいけない、出社に関しても正社員よりもフレックスを利用している社員よりも早く出社をするのが当たり前というように待遇に大幅な差があります。

給与面でも派遣や協力会社社員の方が年収で圧倒的によく、契約社員(直接雇用)という事で給与計算にも関わるがその額を見たときに愕然としてしまい、モチベーションの低下と正社員への転職を考えるようになりました。

障害者枠のエージェント利用

前回は就職先を早く見つけなければいけないという事で、ハローワークの求人をもとに応募をし採用が決まりました。しかし、実際の募集要項には記入をされていない要項が契約時に判明しました。事前に契約書を交わしてから入社式を迎えたいという要望には応えて頂けず、入社日当日が契約書を交わす日とのことでした。

やはり、面接時に給与や休暇などの待遇面という事は聞けないうえ、マイナスの要因となりかねないため、障害者を対象とした民間企業のエージェントを利用することにしました。
実際、契約は半年更新をしているのでその間にきちんとエージェントを通じて情報を収集し、直ぐに正社員という採用は難しいかもしれませんが正社員雇用前提の契約社員からの案件などは多数あることがわかりました。

また、給与にも幅がありますがその点についてもエージェントを通じて確認して頂き、その後応募をするかどうかを検討するという事が可能になりました。前回とは違い、現在は低収入ですがある状態での転職活動になるため、じっくりと条件を絞り込み納得した上での募集をしたいと思っています。

まとめ

障害者枠の雇用といっても障害者手帳欲しさに求人を募集している会社も少なくないという事がわかりました。
自分には何が出来て会社が何を望んでいるのかを理解し、きちんと条件を満たせる会社を探すことが長く働けるポイントとなるのではないかと考えました。

そのためにはエージェントの力を借りて会社の内部事情を聴くことや、障害者枠で採用が決まった方からの情報を収集して頂きながら転職活動をすることが優位になるのではないかと考えています。
現在は1社面接を受け、1社会社の条件提示を確認して頂いている段階ですが焦ることなくしっかりと見極めたうえで最後の転職となるようにしていきたいと思っています。

就活は転職サイト選びから

就活をすることが決まったら、まずは転職サイトに登録しましょう。

後悔しない転職エージェント・転職サイトの選び方・おすすめでは、今よりも良い条件で転職する方法や、求人探しのコツ、おすすめの転職サイトについて解説しています。

 

フリーター・既卒の方は、職歴なしの就職媒体の全てで各転職サイトの特徴や選び方を解説しているので参考にして下さい。

 

どちらにもおすすめなのが『リクナビネクスト』です。

メールアドレスを入力し、プロフィールを登録しておくことで、一般募集していない企業からのオファーメールが届くので、競争率の低い企業や優良企業と出会える可能性も高くなります。

就活を始めたらまず最初に利用しましょう。

転職エージェントの仕組み
フリーターの転職エージェント

「フリーターは転職エージェントを利用すべきなのか。メリット・デメリットを知りたい」 「正社員歴がない場合、どの転職エージェントを利用すればよいのか分からない」   フリーターで就活をされてい ...

続きを見る

人気の記事

職歴なし・ニート・既卒100人アンケート 1

「職歴なしから、どうやって就活をすればいいのか分からない。というか、既卒はどんな仕事に就けるの?」 「転職サイト・ハローワーク・転職エージェント色んな媒体があるけど、ニートはどれが利用できて、どれを利 ...

書類選考免除の転職エージェント、書類選考なし面接確約の転職サイト 2

「履歴書やWEB応募をしても、書類選考が全く通らない」 「一向に仕事が決まらない」   フリーターで就活をされている方は、上記のようなことで悩んでいませんか? 編集部私も30歳職歴なしから就 ...

転職エージェントの仕組み 3

「フリーターは転職エージェントを利用すべきなのか。メリット・デメリットを知りたい」 「正社員歴がない場合、どの転職エージェントを利用すればよいのか分からない」   フリーターで就活をされてい ...

jaicでもらった冊子 4

フリーターや既卒の就活に特化した転職エージェント『JAIC』。 就業経験一切なしでも29歳までなら登録可能で、企業紹介や就活のアドバイスをしてくれる就職支援サービスです。   編集部ただ「J ...

人と接しない仕事度○○% 5

「人と関わらずに仕事ができたらなぁ・・・」   一度はそう考えたことがありませんか? 「辛い仕事」の価値観は人それぞれですが、コミュニケーションが苦手な者にとって最も辛いのは「人と接する仕事 ...

フリータ向けの就職・転職サイト 6

  編集部今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。   登録必須の転職サイトをすぐに見 ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 7

今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴なしだった私は、 ...

dodaのWEBサイト 8

「今よりも年収や待遇を上げ、良い条件で働きたい」 「転職サイトや転職エージェントは多すぎて、どれを利用すればいいか分からない」 「次の転職は絶対に失敗したくない!」   転職活動や就職活動を ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2019 All Rights Reserved.