転職サイト・転職エージェント

障害者枠としての雇用 西田【体験記】

更新日:

女性

今回は障害者手帳を取得し障害者枠での就業をされた西田さん(仮名)に体験談を書いていただきました。

障害者手帳の取得と就業

通常の勤務であれば服用と通院で安定した仕事が出来るものの、運転や水泳指導の様な一部制約のある仕事に就けないという事もあり、転職をしていくうえで“疾患”という事をクローズにしていくことが出来ない状態にありました。

障害者手帳を取得するという事に抵抗があり、今まではクローズで転職活動を行ってきましたが、3年もの間に転職回数が多くなりすぎたことが問題となりました。企業から「長く働くことが出来ない人材なのではないか」という結論に達してしまうのです。

また就業後に「その仕事はできません」といった場合に、虚偽報告で解雇となった事例や、内定取り消しとなった事例があるという事も医師からお伺いしました。

それらを考慮した上で、障害者手帳を取得して障害者枠での就業をする方が良いのではないかとのアドバイスを頂き手帳を取得。その後、転職活動を再開することとしました。1つはハローワークを通じた障害者枠での募集。もう1つは民間企業のエージェントを活用した転職会社への登録です。

しかし、障害者雇用に対する転職活動も倍率が激しく、最低賃金制度が適用されないことから、とても1人生活できる収入を得られる企業は少ないという結論に達しました。(年収132万~等)

条件が良い年収(270万位)であれば倍率は70倍近くになり、書類選考を通過するのも難しい現状でした。

障害者雇用の対応

現在働いている企業はハローワーク経由の障害者雇用での就職になります。

ハローワーク求人の中では待遇面が比較的よく、契約社員ではあったものの大手企業であったことを踏まえ、現在の会社を選びました。しかし条件提示が入社式当日までされないという事で、交渉はしましたが条件提示は入社日当日に判明しました。

求人媒体には「正社員雇用制度あり」「契約は原則更新」「賞与あり」「退職金制度あり」との記載がありました。しかし、契約は半年更新のMAX3年。そこで正社員になれるか解雇になるかは会社の業績や本人の問題もあるので確約はできない。そして今までで1人も正社員になった者はいないとの事でした。

また賞与についてはMAX5万が年2回で業績によっては支給されない年もある。退職金は1年勤続で1万円(3年働いても3万円)。しかも昇給はなしとの事でした。

しかし入社日に提示されている事と、前例がないだけで可能性がないわけではないと思い契約書を交わしました。また、総務で勤続2年働くことが出来れば「衛生管理士の受験資格」が得られることからこのまま働こうと思っていました。

しかし入社3か月の試用期間を過ぎた時点で部署の異動、別部署の庶務となりました。人事総務と異動先の統括部長と部長以外は病気の事も当然知らない状態で、かつ一般社員と同等の働きを求められます。

直接雇用というだけで協力会社社員や派遣社員の給与計算にも関与をしており、自分の年収と比較しても圧倒的に良い事やフレックス制度を利用して出社が遅かったり早く帰ったりという事がある中、障害者枠で採用されている私ともう1名にはその制度はありませんでした。

12月30日は15時からグループ会社の納会という事でグループ会社が集まり納会を行いましたが、フレックスが適用される社員は参加でき、適用されない派遣社員は定時まで働くという差別と思えるような状況でした。

まとめ

障害者枠という事で、通院や病気に対する理解はある程度して頂けますが、一般の社員と比較をしてしまうとどうしてもいろいろな待遇面でデメリットの方が多いと感じました。

仕事がなかったので、焦っていて物事をしっかりと考えられないという事もありましたが今回の契約期間が終了する前に(半年以内に)条件をしっかりと絞り込み転職活動を行います。

ハローワーク経由だとやはり内部事情について聞くことが難しい為、エージェントを利用して転職活動を行います。

就活は転職サイト選びから

就活をすることが決まったら、まずは転職サイトに登録しましょう。

後悔しない転職エージェント・転職サイトの選び方・おすすめでは、今よりも良い条件で転職する方法や、求人探しのコツ、おすすめの転職サイトについて解説しています。

 

フリーター・既卒の方は、職歴なしの就職媒体の全てで各転職サイトの特徴や選び方を解説しているので参考にして下さい。

 

どちらにもおすすめなのが『リクナビネクスト』です。

メールアドレスを入力し、プロフィールを登録しておくことで、一般募集していない企業からのオファーメールが届くので、競争率の低い企業や優良企業と出会える可能性も高くなります。

就活を始めたらまず最初に利用しましょう。

転職エージェントの仕組み
フリーターの転職エージェント

「フリーターは転職エージェントを利用すべきなのか。メリット・デメリットを知りたい」 「正社員歴がない場合、どの転職エージェントを利用すればよいのか分からない」   フリーターで就活をされてい ...

続きを見る

人気の記事

職歴なし・ニート・既卒100人アンケート 1

「職歴なしから、どうやって就活をすればいいのか分からない。というか、既卒はどんな仕事に就けるの?」 「転職サイト・ハローワーク・転職エージェント色んな媒体があるけど、ニートはどれが利用できて、どれを利 ...

書類選考免除の転職エージェント、書類選考なし面接確約の転職サイト 2

「履歴書やWEB応募をしても、書類選考が全く通らない」 「一向に仕事が決まらない」   フリーターで就活をされている方は、上記のようなことで悩んでいませんか? 編集部私も30歳職歴なしから就 ...

転職エージェントの仕組み 3

「フリーターは転職エージェントを利用すべきなのか。メリット・デメリットを知りたい」 「正社員歴がない場合、どの転職エージェントを利用すればよいのか分からない」   フリーターで就活をされてい ...

jaicでもらった冊子 4

フリーターや既卒の就活に特化した転職エージェント『JAIC』。 就業経験一切なしでも29歳までなら登録可能で、企業紹介や就活のアドバイスをしてくれる就職支援サービスです。   編集部ただ「J ...

人と接しない仕事度○○% 5

「人と関わらずに仕事ができたらなぁ・・・」   一度はそう考えたことがありませんか? 「辛い仕事」の価値観は人それぞれですが、コミュニケーションが苦手な者にとって最も辛いのは「人と接する仕事 ...

フリータ向けの就職・転職サイト 6

今回は既卒の方(職歴なし・フリーター・ニートなど)が、就職活動する上での注意点、そして登録必須の転職サイトをご紹介させていただきます。 おすすめの転職サイトへ   目次1 既卒から就職活動を ...

ニートからの脱出。段階を踏んで社会復帰する方法 7

今1歩の勇気が出ずに、いつまでたってもニートから抜け出せない・・・。 職歴がない状態での就活方法が分からない・・・。 書類審査や面接を通過できない・・・。   当時30歳職歴なしだった私は、 ...

dodaのWEBサイト 8

「今よりも年収や待遇を上げ、良い条件で働きたい」 「転職サイトや転職エージェントは多すぎて、どれを利用すればいいか分からない」 「次の転職は絶対に失敗したくない!」   転職活動や就職活動を ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2019 All Rights Reserved.