新卒・学生

就職活動での筆記試験とは?種類と内容

更新日:

就職活動での筆記試験とは?種類と内容
就職活動が始まれば行われるのが筆記試験。
試験を通じて学生の能力を知り、ある程度の足切り効果にもなる。

試験というと大学受験のような難易度の高い知識が必要と想像するが、多くの企業で採用されている筆記試験はそれほど知識が必要な訳ではない。
特に適正検査SPIに関しては、知識量や学力などを求められる訳ではなく、思考力・発想力・判断力など地頭が求められている。

といってもここをクリアしなければ面接を受ける事も出来なくなってしまうので筆記試験に対しては前もって対策をとっておかなければならないし、試験直前に対策をして通過できる程甘いものでもありません。

試験の方法はWEB上で行われるものから、会社説明会の際に行われるものまで様々。
まずは試験の種類から見ていきましょう

就活筆記試験の種類

適性検査

SPI3

筆記試験の中で最も多く企業に利用されているのが、適正検査のSPI3。
試験は「言語」「非言語」の「能力検査」と「性格検査」の2種類に分かれていてマークシートで答えていく。

言語・非言語は簡単に言うと「言語=国語」「非言語=数学」ととらえれば分かりやすいと思う。

これら適正検査は学力や知識量を試す訳ではなく、社会人になってからも必要とされる能力を判断され、その正確さの評判から利用している企業も多い。

就職活動を何社も受け続けていると必ず一度は出くわすといってもよいので予め対策しておきたい。
ちなみにSPI・SPI2・SPI3と種類がたくさんあるのかと戸惑う方もおられると思いますが、バージョンアップしていっただけなのでSPI3を考えれば問題ありません。

受け方としてはWEBテスティングと言って自宅で受けるタイプ、テストセンターといってリクルートが用意した会場に集まり受けるタイプ、企業が用意した会場で受けるインハウスCBTタイプ等があります。

GAB・CAB

SPIの次に利用されているのが日本SHL社が制作したGAB・CABです。
GABは商社などの採用試験でよく見られるもので表計算や長文読解の能力をCABはIT系の採用試験でよく見られるもので、暗号の解読や暗算・法則性の発見などの能力を判断されます。

GAB・CABは比較的難しい問題と捉えられています。
その他英語なども含めたGFT・IMAGESなどもある。
WEBは玉手箱シリーズといったもので、他のテストに比べてより地頭が必要と言われています。

一般常識・時事問題・小論文

こちらは一般常識でどちらかといえば知識などの問題が問われる方。
国語・数学・社会・理科・英語など主要5教科に加えて時事問題、美術や文学・音楽など文化について登場する事も。
といってもあまり取り入れている企業は多くありません。

日頃から新聞ニュースを読んでいたりアンテナを伸ばしておく事は大切。
小論文も時事的な問題に対してテーマを与えられ、提出を求められる事が多い。
大体は会場などで時間内に書き上げなければいけないものばかりなので試験問題の対策と同様に書く事や考える事のスピードにも慣れておくようにしましょう。

人気の転職サイト

就職Shop 1

既卒に人気のエージェント就職Shop  総合評価★★★★☆   サービス名 就職Shop  運営会社 リクルートキャリア 求人数  8000件  求人利用地域  東京、神奈川、千葉、埼玉、大 ...

リクナビNEXT 2

転職サイト満足度NO.1 リクナビNEXT  総合評価★★★★☆ サービス名 リクナビネクスト  運営会社  株式会社リクルートキャリア 求人掲載数  常時約1万件  求人利用地域  全国 更新日   ...

テンプスタッフ 3

派遣人気NO.1 テンプスタッフ 総合評価★★★★☆ サービス名  テンプスタッフ  運営会社  パーソルテンプスタッフ株式会社  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

パソナキャリア 4

在職中・転職者の満足度が高いパソナキャリア 総合評価★★★★☆ サービス名 パソナキャリア  運営会社 株式会社パソナキャリア  求人利用地域  全国 料金  無料 対象  転職者・既卒 口コミ評価 ...

Copyright© その時採用|既卒・転職者の就活サイト , 2018 All Rights Reserved.